最近のトラックバック

かなり放置

個人的にココログというブログがいろいろ使いにくいところがあり、ついつい放置している間に・・

かなり放置していることに気が付いてしまった。^^;
(機能的に使いにくいとかいうのじゃなく、かなり個人的な理由)
始めた当初は、本当に思いつくままかなりきついことも書きまくっていたけど、ネット歴が長くなってくると、自由に自分の考えを発信できるのは、決して「自分」だけではなく、その怖さというものも感じてくるので・・
その面でもついついこのブログを放置しがちになってしまったわけだ。><
大体思いつくまま書いていますと・・あとで自分で読み返しても「あちゃ・・」と思うことも多いし・・

うーん・・どうしよう・・

東日本大震災から3年。

被災地から遠いわたしからみると「もう」3年ですが
被災された方たちにとっては「まだ」3年。
未だに自宅に帰れない方、帰るめどすらついてない方
行方不明の方もまた多くいるのです。
何ができるか・・ちょこちょことした寄付などはしていますが、他にできることは何があるのだろうと思っていると登録しているブロガーサイトに「きっかけバス」についての案件が。
学生ボランティアの活動で、47都道府県から学生たちを被災地に送り、震災を風化させない、風評被害をなくすという目的があるということで
すごくいいことだ
と思って、詳しく見てみると
「先輩、わたしを東北につれていって」
と・・・。
あれ・・?(;^ω^)
寄付を求めているのですが、それは被災地に送るためではなく、
被災地に47都道府県から学生を送るための費用のための寄付なのだそうです。
どういうことなのかな・・とググってみたら、大学の先輩が活動に参加していてその説明会に出たという方の書き込みを見つけ・・
被災地の現状を見に行くだけで、瓦礫処理などの作業は行わない
ということで・・・。
うーん・・・・
あの大震災を風化させないために、若い世代が被災地を実際に見ることは大事だとは思うのですが・・
その旅費を他の人に寄付で出してもらおうという活動とは・・
賛同したらアピール記事を書いてほしいということだったので、残念ながら今回は見送りました。
学生が行くことで、現状を見て、記憶して、それを伝えてくれるという効果はあると思います。
現地に行くことで多少の経済効果もあると思います。
だけど・・・「連れて行って」って・・どうなんでしょう・・・
いくら学生でお金がないとはいえ・・・
自分たちの学費は親に出してもらって、被災地を見に行く旅費を他人から出してもらって・・
そういう「ボランティア」って・・なんだか違う気がして、わたし自身は寄付する気はおきなかったです。
サイトには既にけっこうな金額の寄付が集まっていますが・・
このお金をもっと別のことに使ったほうが・・
せめて移動のバスくらい被災地のバス会社を使って貢献したら・・と思ってしまった。
ただ、参加した学生が被災地を自分の目でみて、それだけじゃ終わらずこれからの活動に活かしてくれたら寄付した人たちもきっと報われると思います。
目的自体はいい活動だと思うので、できればバイトもできる大学生なのだから自分たちの旅費は自分たちで出して、もっと別の世代(小・中学生)に被災地を知ってもらう活動とかに使うのなら共感できたのですが。
(寄付で集めたお金を自分たちが使う・・というのが・・)
家や大事な人を失い、今も仮設住宅などで不便な思いをしている人たちの元に、震災というテーマで集まったお金でやっていくということにどうしても違和感を感じてしまいました。
わたしは共感できなかったので、その分直接被災地のために使われるところに今までどおり寄付することにしました。

辛い事件

楽しいはずのリゾート地・・しかも外国で、事件に巻き込まれるなんてどんなに辛いだろう。

グアムで起こった無差別殺傷事件。
日本人が3人も亡くなってしまった。
犯人 チャド・デソト(21)は、1人で多くの人間を殺したかったといっていたらしいが・・。
グアムには死刑がないらしい。
1人でも多くの(罪のない)人間を殺したいといって、3人も殺し、多くの人を傷つけた本人の命は守られるわけだ。
死刑がないということは、グアムの人間である犯人が知っているのは当然だ。
TVで流れる犯人の映像を見る限り、大変なことをしたという後悔の感情も、もちろん反省も見られない。
自分が殺した人へ何か思うよりも、「どうせ俺なんて」という誰も俺をわからないんだみたいな投げやりな印象しか受けない。
日本にも死刑反対派は多いけど、彼らが理想とする世界というのはこういうのだろうか。

またいい加減・・

生きたまま首を電動のこぎりで切断・・

死刑を宣告しておきながら、裁判官が控訴を勧めたけど


あれって・・結局自分が死刑を下したという事実から逃げたいから・・じゃないの。

動機だって覚せい剤の利権えるために命乞いをする仲間?を殺したわけだし。
死刑は当然でしょう。

結局、責任逃れしたいだけ・・で、そういうこと勧めるんなら裁判員制度なんていらないんじゃないの。
無駄な手間を1つ増やした・・・どころか、自分が誰かに重い宣告をしたくないために本来の刑だと思えるものよりずっと軽い刑を言い渡すような裁判官制度なんて犯罪者にますます甘くなってきているだけだとしか思えない。

自分が裁判員になったわけでも、死刑が見えるような裁判にかかわったわけじゃないからいえる・・かもしれないけど、それが一般市民の限界なら、やっぱり必要ないでしょう。

裁判員ってやっぱりダメなのでは?

裁判員裁判って結局どうなんだろう?

なんで耳かき店店員殺害事件で、なんで無期懲役が妥当なんだろう?

祖母の殺害は計画的じゃないので・・・とか言っているけど、計画もしてない人間を”なりゆき”で殺害できる人間が許せるのかな?
反対にそこに全然関係ない人間がいて、そのひとが「そこにいたから」ってだけで殺害されて・・

それが計画的じゃないから・・って理由で許されていいのかな?


そもそも死ぬほど暴力ふるっているって点で・・・既に凶悪じゃないの?

そこに予定外な人間がいて、邪魔されたから殴った、突き飛ばした・・怪我を負わせた・・というのならまだわかるけど・・

殺すほど暴力を振るっていて・・「じゃあ、悪質じゃないね」っていう考え方はなんだろう?

そもそも・・・・

反省しているとかいうけど、裁判で「反省の言葉」を言わないやつのほうが少ないでしょう。
反省してなくても弁護士から「反省しているフリをしなさい」って言われるんだろうから。(これ絶対だよね)


結局、裁判員も自分が人の命を奪選択をしたくなかったから、被告が反省しているとか、計画性が理由つけているだけに過ぎない気がする。

無期懲役なんて、おとなしくしていたら100%社会に出てくるっていう刑でしょう。

本当にこの犯人が反省して、今後自分が殺した人たちへの贖罪の人生を送ると信じているなら、この犯人を出所後の犯人の居住区・行動範囲を・弁護士と裁判官・裁判員の居住区内で・・ってしてほしいなぁ・・・

人の命を奪う判決ってそりゃ誰だってしたくないだろうけど・・・


わたしだったら死刑以外考えられないな・・・


精神状態がおかしかったから・・というのが、減刑の理由だとしたら、それが本当なら本当なだけ
よりそんな人間なんか怖いよ。

誰だって辛いことや、ショックなことや、人からひどく傷つけられることだっていっぱい経験しているもんだし、そのたびにそのショックを他人に対する攻撃・・それもあいてを殺すほどのものをぶつける人間なんて怖くてたまらない。

自分で自分をコントロールできない人間が一番凶悪なんだと思うのに・・・

そんな人間は許されて、同じ殺人だって自分で(冷静に)考えて実行する人間のほうが危ない・・・とか・・・

どっちも人とのしての危なさは違うにしても、同罪でしょう・・・

切ないなぁ・・

群馬で自殺した小学6年の女の子。

「やっぱり『友達』っていいな!」って漫画を描いていたらしい。

子供の世界は、狭い。

学校なんて、長い人生から見れば、ほんの短い間の・・しかも、自分が住んでいる世界のほんの一部でしかないのに・・

子供にとってはその学校が世界のすべてともいえるんだよね。

家と学校・・ひょっとしたら、学校のほうが子供にとっての世界・・なのかも・・・


本当は友達が欲しかった女の子の気持ちが切ない。


死ななくても・・
死ぬくらいなら・・

転校しても、学校休んでも・・よかっただろうに・・

そんな逃げ場すら、考えられないくらい苦しんでいたのかな。


日本も国際社会になってきた・・なんていっても、彼女がいじめられた原因の1つ・・たぶん、かなり大きな1つに母親が外国人だから・・というのがあったらしいけど・・・


本当にくだらない。
くだらないことなのに子供は残酷だ。
自分と違うものを平気で虐げる。
もっとも大人にだってそういう人間はいるけど。


学校言う狭い世界が、ちっぽけなものだって気がつくのは・・大学くらいかなぁ・・・

中学校・高校・・とこれから過ごすことを考えたときに耐えられなくなったのかな。
1年後(もないよね)、中学になったら彼女を理解してくれる友達に出会えたかもしれないし、それが高校かもしれなかったけど・・・

でも、大人になればなるほど、くだらない差別意識になにも意味はないって気がついていける人に出会える機会が増えていくと思うのに、

それが待てなかったんだろうな。


漫画のことを公開したこと自体に関する批判の声もあるみたいだけど、その辺りは正直わからない。

いじめた子たちが・・というか、
今現在、自分がいじめをしている子たちが、自分たちがいじめているそのこがちゃんと自分と同じように苦しみ、自分と同じように悲しみ、この自殺してしまった子と同じように友達を心のそこから欲しているってことに気がついてくれたらいいなぁ・・・

うんざり

最近、ニュースでチャンネルを変えることが増えています。

某国の漁船問題・・・

もう本当にうんざり・・・


こうなること見えていたような・・・
何しろ、あの国をかばうのが大好きな国だし、ようは同じ思想なんだろうし。


何が一番頭に来るかというと、なめられっぱなしの日本政府だ。
強硬すぎて過去の悲劇を繰り返すのも問題だけど、これだけ世界中の国からなめられている国もあるんだろうか・・
そんなことだから世界の中で発言権がしょぼいんだわ。
結局自分の所の正当だと思う主張さえ通せず、相手のむちゃくちゃな主張を受けるんだから。


本当に気分悪い・・
個人的には国交断絶してほしいくらい・・

その前に毒入り餃子の謝罪と賠償金をしっかりしろよ。
他人のせいにしてて、結局犯人自分のところだったんじゃん。

あれから中国製の食品はお土産でも捨てるようにしているもんな・・怖くて口にしてない。

大事なのはそんなところなのかなぁ・・

押尾某元芸能人の裁判の様子を聞いていると・・・

110番すれば助かったかどうか・・・というところを争っているけど・・

そういうのって大事なのかなぁ・・・


110番しても助からないのなら・・・しなくてもいいってこと?


じゃあ、どこかで事故現場に遭遇して、怪我した人が

「ああ・・こりゃ助からないな」

と誰からみても明らかな状態の人ならそのまま放置しちゃってもいいってこと?

目の前で死に掛けている・・・人間を前にして、110番もしないで自分の身の保全(それも生命レベルじゃない)を優先して結果見殺しにして・・・

その罪の重さは


110番したら助かったか、助からなかったの違いでつけていいの?

なんのために争っているんだろう?


正直・・・結局、人の命(しかも知らない人でもないのに)よりも自分の地位が大事だと思っているような人間なんかと付き合っているからこういう目にあったんだなという気持ちもあるけど・・・


それでも死んだ人はあまりに惨めで哀れすぎる・・

反対の立場なら・・押尾某のほうが同じ目にあって、全部の罪なすりつけられていたのかもしれないけどね。

わたしは変わらないな

刑場が公開になったけど


それをみて「死刑の選択ができなくなった」という人もいるみたいだけど


私は全然変わらないなぁ・・


公開された刑場の部屋自体は確かに厳粛な感じはするけど

それって犯罪者が作ったわけじゃなく、執行側が作ったものでしょう。
あそこのもつ雰囲気自体が、死刑になる人間の中身とは関係ないとおもうし。
あそこでたくさん人が死んだのは事実だけど、あそこで死んだ人によって殺された人の数はその比じゃないわけだし。

正直・・あそこを見たから気持ちが変わったなんて人は・・・今まで人の死について(それが犯罪者のものでも)一番自分が見たくない物から目を背けていただけじゃないのかなって思う。


やっぱり、わたしは冷たいのかもしれないけどね・・・


ただ、執行ボタンを見た時にちょっと考えが変わったかなぁ・・・
3つあるボタン。
前に聴いたことがあったけど、見るまで忘れていた。

床板がはずれるボタン・・3つあるけど、実際に開くのはそのうちの1つ。
執行者が3人同時に押し、誰がその執行のボタンを押したのかわからなくするために・・・
執行者の心の負担を減らすためのボタン。

この重さは改めて思い知った。

犯罪者は、正直・・自業自得だと思うから何もおわないけど、そういう人間のために他人の命を奪うという自分が望まない行為に付き合わされる人間はたまらないよね・・・。

最低なことをいわせてもらうと・・・

あのボタンを押す人は同じ死刑囚でもいいんじゃないの?とか思っちゃう。
自分は人を殺すことをなんとも思ってないし、中には殺すことが目的の異常者もいるんだろうし・・

そういう人間にちょうどいいんじゃないか・・と・・
そして、自分が執行されるときも、自分と同類のそういう人間の最後の楽しみになると思えば・・・


なんて思ってしまうわたしはやっぱりひどいのかもしれないけど、被害者の気持ちを飛び越えて、犯罪者に同情するやさしい人間にはなれないな・・

ますます厳しい

家族などに迷惑をかけないためにベランダなどでタバコをすうホタル族・・

これもあまり意味がないとTVでいってたけど、ますます喫煙者には厳しい話になってくるんでしょうね。

まず一番わるいのが、タバコ自体から上る副流煙。
200以上の人体に有害な物質が含まれているうえに、その中で40くらい発ガン物質が含まれているとか。
(人が吸う主流煙よりも悪い)

ベランダでタバコをすっても、サッシなどの隙間から室内に逆流するということが科学的に懸賞され、そのなかに有害物質が含まれている。

また、タバコをすい終わった人が室内に戻ってきても、その数分間はその人の呼吸そのものから有害物質が排出されるとか・・・

換気扇の下でタバコを吸うにしても、家庭用の換気扇だと2~3個はないと意味がないとか・・

TVで話していたお医者さんは「家庭内分煙はない」といっていました。
結局完全な禁煙でしか副流煙の被害は防げないってことですね。

喫煙者にはますます耳にいたい話。

わたしはタバコを吸わないし、夫も吸わないから問題はないし、反対に公共の場での喫煙はもっと厳しくしてほしいくらいだけど。

本人が好きで自分の健康だけの問題で吸うのなら喫煙も本人の自由意志だとは思いますけどね。
副流煙も自分が吐き出す主流煙も全部本人が100%処理してくれればわたしは問題なしです。

ちゃんと周りに気を使って、マナーも守って吸っている人も確かにいるのに、今回の話はますます厳しくなるなぁとちょっと気の毒には思いますが・・・


でも、旦那さんが喫煙して、奥さんが吸わない家庭でも、両方吸わない夫婦より奥さんの肺がんの発生率は高まるそうだから、自分はともかく、相手のことを大事に思うのならやっぱり禁煙してほしいですよね。
自分が肺がんになったとしても、残されるほうはやっぱり悲しむんだし。

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ