最近のトラックバック

« 事件ばかり | トップページ | かなり放置 »

うーん・・どうしよう・・

東日本大震災から3年。

被災地から遠いわたしからみると「もう」3年ですが
被災された方たちにとっては「まだ」3年。
未だに自宅に帰れない方、帰るめどすらついてない方
行方不明の方もまた多くいるのです。
何ができるか・・ちょこちょことした寄付などはしていますが、他にできることは何があるのだろうと思っていると登録しているブロガーサイトに「きっかけバス」についての案件が。
学生ボランティアの活動で、47都道府県から学生たちを被災地に送り、震災を風化させない、風評被害をなくすという目的があるということで
すごくいいことだ
と思って、詳しく見てみると
「先輩、わたしを東北につれていって」
と・・・。
あれ・・?(;^ω^)
寄付を求めているのですが、それは被災地に送るためではなく、
被災地に47都道府県から学生を送るための費用のための寄付なのだそうです。
どういうことなのかな・・とググってみたら、大学の先輩が活動に参加していてその説明会に出たという方の書き込みを見つけ・・
被災地の現状を見に行くだけで、瓦礫処理などの作業は行わない
ということで・・・。
うーん・・・・
あの大震災を風化させないために、若い世代が被災地を実際に見ることは大事だとは思うのですが・・
その旅費を他の人に寄付で出してもらおうという活動とは・・
賛同したらアピール記事を書いてほしいということだったので、残念ながら今回は見送りました。
学生が行くことで、現状を見て、記憶して、それを伝えてくれるという効果はあると思います。
現地に行くことで多少の経済効果もあると思います。
だけど・・・「連れて行って」って・・どうなんでしょう・・・
いくら学生でお金がないとはいえ・・・
自分たちの学費は親に出してもらって、被災地を見に行く旅費を他人から出してもらって・・
そういう「ボランティア」って・・なんだか違う気がして、わたし自身は寄付する気はおきなかったです。
サイトには既にけっこうな金額の寄付が集まっていますが・・
このお金をもっと別のことに使ったほうが・・
せめて移動のバスくらい被災地のバス会社を使って貢献したら・・と思ってしまった。
ただ、参加した学生が被災地を自分の目でみて、それだけじゃ終わらずこれからの活動に活かしてくれたら寄付した人たちもきっと報われると思います。
目的自体はいい活動だと思うので、できればバイトもできる大学生なのだから自分たちの旅費は自分たちで出して、もっと別の世代(小・中学生)に被災地を知ってもらう活動とかに使うのなら共感できたのですが。
(寄付で集めたお金を自分たちが使う・・というのが・・)
家や大事な人を失い、今も仮設住宅などで不便な思いをしている人たちの元に、震災というテーマで集まったお金でやっていくということにどうしても違和感を感じてしまいました。
わたしは共感できなかったので、その分直接被災地のために使われるところに今までどおり寄付することにしました。

« 事件ばかり | トップページ | かなり放置 »

その他雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169092/59288193

この記事へのトラックバック一覧です: うーん・・どうしよう・・:

« 事件ばかり | トップページ | かなり放置 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ