最近のトラックバック

« 2013年8月 | トップページ | 2017年3月 »

うーん・・どうしよう・・

東日本大震災から3年。

被災地から遠いわたしからみると「もう」3年ですが
被災された方たちにとっては「まだ」3年。
未だに自宅に帰れない方、帰るめどすらついてない方
行方不明の方もまた多くいるのです。
何ができるか・・ちょこちょことした寄付などはしていますが、他にできることは何があるのだろうと思っていると登録しているブロガーサイトに「きっかけバス」についての案件が。
学生ボランティアの活動で、47都道府県から学生たちを被災地に送り、震災を風化させない、風評被害をなくすという目的があるということで
すごくいいことだ
と思って、詳しく見てみると
「先輩、わたしを東北につれていって」
と・・・。
あれ・・?(;^ω^)
寄付を求めているのですが、それは被災地に送るためではなく、
被災地に47都道府県から学生を送るための費用のための寄付なのだそうです。
どういうことなのかな・・とググってみたら、大学の先輩が活動に参加していてその説明会に出たという方の書き込みを見つけ・・
被災地の現状を見に行くだけで、瓦礫処理などの作業は行わない
ということで・・・。
うーん・・・・
あの大震災を風化させないために、若い世代が被災地を実際に見ることは大事だとは思うのですが・・
その旅費を他の人に寄付で出してもらおうという活動とは・・
賛同したらアピール記事を書いてほしいということだったので、残念ながら今回は見送りました。
学生が行くことで、現状を見て、記憶して、それを伝えてくれるという効果はあると思います。
現地に行くことで多少の経済効果もあると思います。
だけど・・・「連れて行って」って・・どうなんでしょう・・・
いくら学生でお金がないとはいえ・・・
自分たちの学費は親に出してもらって、被災地を見に行く旅費を他人から出してもらって・・
そういう「ボランティア」って・・なんだか違う気がして、わたし自身は寄付する気はおきなかったです。
サイトには既にけっこうな金額の寄付が集まっていますが・・
このお金をもっと別のことに使ったほうが・・
せめて移動のバスくらい被災地のバス会社を使って貢献したら・・と思ってしまった。
ただ、参加した学生が被災地を自分の目でみて、それだけじゃ終わらずこれからの活動に活かしてくれたら寄付した人たちもきっと報われると思います。
目的自体はいい活動だと思うので、できればバイトもできる大学生なのだから自分たちの旅費は自分たちで出して、もっと別の世代(小・中学生)に被災地を知ってもらう活動とかに使うのなら共感できたのですが。
(寄付で集めたお金を自分たちが使う・・というのが・・)
家や大事な人を失い、今も仮設住宅などで不便な思いをしている人たちの元に、震災というテーマで集まったお金でやっていくということにどうしても違和感を感じてしまいました。
わたしは共感できなかったので、その分直接被災地のために使われるところに今までどおり寄付することにしました。

事件ばかり

ブログ更新は久しぶり。

ここは、モヤモヤした思いを書き込むブログだからいやなニュースに関する記事ばかりになっちゃうが・・。
更新していない間もいやな事件はいっぱい起こっている。
千葉柏市の事件もまた不快極まりない。
ネットのチャットにはまりこんでいたみたいだけど
この男以外にも・・正直、男の話をしているチャット仲間も・・・なんで、こんな人間と付き合っていたのか疑問を感じる。
チャットの話で動物虐待をしたり、近隣に迷惑をかけているのを知っていたわけなのに
こういうことがありました・・と、マスコミに話しているその様子に、なんでそんなことがあった人間とこういうことがあるまで付き合っていたわけ?
・・と思ってしまう。
わたしだったら絶対無理。
たぶん、知り合いなら、そんな話を聞いた時点で、相手に注意してケンカになっておしまいになるか・・まぁ・・反対にトラブルになるかもだけど。
事件当日に、その男から会おうといわれてあう約束をしていた・・と話した女性も・・
ネットだけでも十分気持ち悪いのに・・・実際にもあっていたんだ・・と思ってしまった。
事件の大きさに隠れてしまっているけど・・そういう人間を今まで見過ごしていた人間がこんなにいること自体の異常さはどれだけの人間が気がついているのだろうか・・。
TVで男のことを話しているチャット仲間が、その男の被害者にならなかったことが本当によかったと思う。
今回の事件で犠牲になってしまった男性が本当に・・
気の毒でならない。
ご冥福をお祈りします。
動物虐待をする人間って、本当にろくでもない。
命の大切さやそれを奪うことの怖さが理解できない人間なんだからこそ、ろくでもないんだろうけど。
命・・その基準は人それぞれ違う思う。
自分は動物を殺したりしないから大丈夫と思っている人間のどれくらいが、野良犬や野良猫が目障りだから保健所に連絡できる人間か・・。
ずっと昔にこのニフティのコミュニティで、犬嫌いの子供を持つ親に、その対策をアドバイスしていた人に向かって
犬嫌いだから無理!
犬なんて全部保健所に連れて行かれればいいのにといった女
その会話を見ていて
おれの前にお前のところの犬がいたら車でひき殺してやるのにといった男
(アドバイスしていた人が犬を飼っていたので、その犬に対して)
事件を起こしてないだけで、こういう人間がいるわけで・・そう思うと本当に怖い。
もうこの話は15年くらい前になるのだが、こういう人間に育てられた子供がいまどう育っているのか薄気味悪くなる。
こんな親を反面教師として、ちゃんと命の尊さ、自分以外の命を見れる人間に育っていることを祈るばかりだ。
今回の男が、あのときの子供だといわれてもわたしはすっごく納得できてしまうし、別人なのは年齢的にも当然なんだけど、あのときの男と女の姿がこの男の姿にかさなって見える。
(異常性のレベルの違いがあるだけで、同類だ)

« 2013年8月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ