最近のトラックバック

« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »

クリスマスの夜

・・って、もうクリスマスは過ぎちゃったなぁ・・・

子供って特にクリスマスは好きですよね。
サンタがいると思っている子も
いないと思っている子も

この日は、やっぱりサンタを待っている。

それが親だと思っていても、やっぱりサンタからのプレゼントをまっているんですよね。

そんな子供たちが輝く日にも、辛いニュースは流れてくる。

火事で重体になっている女の子の同級生が、「クリスマスプレゼントを楽しみにしていた」って話をしているのを聞くと胸が痛む・・

出火は、どうも灯油ストーブの扱い間違い・・・

出したくて出した火事じゃない。
クリスマスを楽しみにしていた子供の写真の笑顔が辛い。

この火事で2人の人が既に亡くなっている。
重体の2人は助かって欲しい。

なくなった二人の方をご冥福を祈ります。

うんざり・・

女子大生放火殺人の容疑者が

「冷たい世間に放り出されて、金も仕事もなかった」

と供述しているときいてウンザリしてしまった。

犯罪犯す人間って結局責任を自分以外に押し付けようとしているやつがおおい気がするし、そういうやつだから犯罪犯すのかなと思ってしまう。

そりゃ今の時代が厳しいのはみとめる。

中には本当にお金がなくて、食べるものもなくて万引きなどの犯罪に手を出す人だっているんだろうから。

だからって・・

こいつは強姦までしているんだろう。
(ほかの犯行で)

どう見ても自分の欲望中心じゃないか。
世間がどう優しければ自分の性欲が満足できて強姦なんかしなかったといえるんだろうか・・

何の関係もない自分よりずっと下の女性を、力でおかして殺して・・被害者にしてみれば冷たいどころか、恐ろしい世間なのはその犯人そのものじゃないかとおもう。

自分が他人に優しくできないくせに、自分は他人から優しくされることを願う

そんな都合のいい世間ならわたしだって出会ったことないわ。

何ができるのか

マイ箸をもったり、エアコンを使うのも控えたり・・

マイバッグは最近持ち忘れているな・・

なんて思いながら、環境のことは気にしながらちゃんと徹底してやれてない自分がいます。

そんな中今日温暖化の影響で共食いをする北極熊のニュースをネットで見つけちゃいました。
正直・・こういう話題は見ると凹んでしまうので見たくはありません。
でも見なければなかったことにできる話でもなく、事実を知ることがなにかの前進にもなるし・・・と思い見たわけですが・・

やはり凹みました・・

写真があって、大きな北極クマがほかのクマの頭部をくわえています。

「小さいな・・・」

と思っていたら、文章を読んだら「小熊」なのだそうです・・

共食いをするとき、弱い固体が狙われるのは当然ですよね。
その弱い固体が子供なのも・・。

絶滅が危惧されている北極クマのなかで小熊が殺されている。

別に大人のクマならいいのかっていう問題じゃないけど
うまく表現できない気持ちになってもっと凹みました。

どこから狂い
どこまで戻ればいいのか

いまさら戻ることはできないだろうけど、前に進む方向でこれ以上地球にダメージを与えず、さらにちょっとずつでも今までのダメージを改善させていく方法・・

いきなり数年で今の状況が改善できるはずもなく

人間が蓄積してきたダメージが・・1日与えたダメージを回復するにも多分何十年・何百年っていう単位がいるのかもしれないけど・・

でも、できないという前にどうしたらいいのか

頭がグルグルしてしまっています。

« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ