最近のトラックバック

« 2年間で42名 | トップページ | 福岡何を考えているんだろう・・ »

冤罪の怖さ

17年もの間無実の罪で刑務所にはいっていた恐怖。

足利事件で今回冤罪がハッキリ・・したんだろうな。

17年という年月は誰が考えても決して短くない。

同時に 無罪の人間が刑に服している間に真犯人がのうのうと社会で暮らしていたんだろうと思うと 遺族のことを思ってもやるせない。

もちろん 冤罪に間違われた人間の親族だって・・・

真実を知っているのは犯人だけだから 冤罪が完全になくなるのは難しいことなのかもしれない。

「疑わしき(く?)は罰せず」

疑わしいだけで 確固たる証拠がなければ罰しない

こういう事件が発覚するとこの言葉に重みが増してくる。
だけど 反対に どう考えても犯人じゃないのか・・と思える人間が 証拠がないだけで無罪になってしまうと・・・・

わたしはやっぱりこの言葉にも疑問を感じてしまう。

本当に難しいと思う・・

何が悪かったのだろうか。

「犯人逮捕」を急いだ警察なのかな・・
「逮捕した」という実績だけがほしくて「(真犯人が)誰か」の追求を怠ったことが原因なのだろうか・・

冤罪に問われた方の悲劇もだけど・・

真犯人も決して許してはいけないと思う。

「時効」なんて必要ないと思う。
逃げていた年月の苦労が 贖罪に値するかどうかはつかまった後の裁判で決めればいいだけじゃないだろうか。

どんなにその年月苦しんでも そのまま犯人が捕まらないまま罪が消えてしまえば その年月を同じように苦しんできた遺族や被害者が さらにその後の年月も死ぬまで苦し見続けることになる。

今回の足利事件でも 新たな被害者の存在がわかったということだよね。

加害者は 警察であり 検察であり 裁判官でもあるのだろうけど この事件の真犯人だって絶対はずせないと思う。

(もっといってしまえば きっとマスコミやわたしたち”社会”でもあるんだろうけど)

それを思えば 菅家さん(足利事件で犯行を疑われた人)が投獄されていた期間もずっと真犯人により被害を受けていたわけだし 関係のない人間を犠牲にして自分の身の安全の中で暮らしていた犯人の時効なんてありえないと思わずにはいられない。

人を殺すほど苦しんでの結果の犯罪・・というのならともかく この真犯人は自分の欲望のために幼い子供を犠牲にした同情の余地もない変態だしね・・ 

« 2年間で42名 | トップページ | 福岡何を考えているんだろう・・ »

その他雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169092/45241256

この記事へのトラックバック一覧です: 冤罪の怖さ:

« 2年間で42名 | トップページ | 福岡何を考えているんだろう・・ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ