最近のトラックバック

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

そんな診察なら受けたくないけど

福岡で 猥褻行為をしたとして起訴されていた医師の第2審の判決がでた。

患者に無断で 顔もうつった下半身の写真を撮ったというものだけど・・

1審では有罪だったこの事件
2審では無罪だそうだ。

正当な医療行為を患者が勘違いしたのではないか

という判決だけど・・・

顔つきの下半身の写真を「無断」で写真に撮る行為が正当な医療行為だとこの裁判官は思っているのだろうか・・

わたしだったら 「撮っていいですか?」って言われれば 断るね。

産婦人科には何回もいっているけど
(出産だってしているし 体調不良でだって 検査にだっていっている)

一度も そんな正当な医療行為なんて受けたことないもの。

本当にそれが正当な医療行為であっても こっちが納得できる理由を説明できないのなら断って別の病院にいくよ。

そもそも・・なんで 写真撮る必要があるんだろう?

医学資料的にほしいとか(珍しいとか 参考になるとかで)ならわかるけど それでも許可は必要でしょう。

無断で撮られれば それが本当に医療行為のために必要だったか 個人の趣味だったかなんか 後からいくらでも理由つけられるんじゃないかなぁ。

治療・診療自体は 医師が決めて行うことかもしれないけど その医師にその行為を任せるかどうかは患者の権利じゃないのだろうか。

自分が納得できないような行為でも 正当な医療行為なら受け入れろとこの裁判官はいっているのだろうか。

カメラを取り出した時点で
(顔も写されたのならその時点で見ているだろうし)
拒否してかえるという手段もそりゃ取れただろうけど・・

でも その場じゃいえないってことあると思うのよね。

いやだけど これが当たり前のことなら・・診断に必要なら・・とかいろいろ葛藤している間に・・ってパターンって絶対あるし。

それを後になってやっぱりおかしい・・

もしくは人に聞いてみたらやっぱりおかしいと思ったとか

それでやっと決心したってパターンはね。

たとえ 正当でも「許可」や「説明」をするのは医者の義務だと思う。

特にこういう問題の苦痛さは女性じゃないとわからないのかもしれないけど これが裁判員制度スタートで男性が多かった場合・・どうなるのかなぁ・・

先日 某エッセイで裁判の傍聴にいった漫画家さんが(女性) レイプ事件の傍聴が男性が圧倒的に多かったということを書いていたけど・・

レイプの様子を詳細に語ることになる裁判で こういう事件の傍聴は規制するか禁止するべきだと思うけどな。
<被害者の意見聞いて

2次レイプだと書いてあったけど 本当にその通りだと思う。

レイプ被害を受けて 警察でまたその詳細を言わなくちゃいけなくて
(最近警察では女性が担当してくれたりもするらしいけど)
今度は 裁判で全然知らない大勢の人の前で(しかも 好奇心できているような男が多い)その証言をさせられるなんて・・

被害訴える女性が躊躇するのも当然だわ。

こういうところでも 裁判って被害者のことを考えてないなぁと感じる。

アンバランス

新型インフルエンザのニュースが毎日のように報道されている。

マスクも売切れだし・・

過敏に反応しているような気もしないわけじゃないけど・・

だけど やっぱり 過敏くらいにしないと日本人はちょっと楽天的(自分には関係ない)なところもあるし。

そう思う反面 関西の学校などは休校で自宅待機を言われているが 学生なんかは出歩いて遊んでいるらしい。

自宅待機の意味がわかっているのかと思うが・・

でも わたしが子供のときも風邪の流行などで学級閉鎖になると遊べるって喜んでいたんだよね。

あの頃は「休んでいる人が多すぎて授業が進められない」という感覚の休みと思っていたが・・

結局 休んだ学生が学校に来ている間にウイルスをもらっているかもしれないから 外出してさらにウイルスを広めないように・・という処置も含まれていたんだろうな。

元気な子供にしてみれば「自分は関係ないから」と外出しているんだろうけど この辺は親がちゃんと管理してやらなきゃいけないだろうね。

実際に 新たに見つかった感染者の中には”関西方面に旅行”にいっただけでかかった人もいるわけで・・つまり 自覚症状のない感染者が街中を歩き回ってその際にうつされたわけだ・・・(^^;; 

過敏になりすぎても混乱するだけだろうけど 鈍感になりすぎても悪い

難しいことのようだけど 一人一人が自覚すれば少しは守れることかもしれないね。

ネットでは 海外帰国後に感染がわかった人に対する攻撃があるとか・・

正直・・気持ちはわからなくもないんだよね。
新型インフルエンザが問題になるまえに海外に行っていた人はともかく 問題後に言った人は自分でもその責任を持っていくべきだとはわたしはおもうのね。

学生の場合は 親や 主催が学校なら学校責任かな。
(もちろん本人たちもちゃんと予防する責任はあると思うけど)

ただ 今の現状 国外だけじゃなく国内でも感染の危険が出てきて じゃあ 国内にいる全員は自分がうつらない責任・人に移さない責任をちゃんと守っているかというと・・

まだ「自分は大丈夫」って思っている人は多いと思う。

わたしも マスク着用・手洗いなどは気をつけているけど・・・

忘れることもあるし><

こうなった以上 誰かを責めるよりも 自分たちが自分たちでできることをちゃんと守って広げない責任を考えるほうが大事なんだろうね。

・・・タクシーで修学旅行をしている学校もあるみたい。

タクシーから1歩も降りない修学旅行・・・修学旅行ってなんだろうと思っちゃうが・・学生にしてみれば思いで作りだから いけないよりマシ・・なのだろうか・・

福岡高裁の判決

平成18年に起こった飲酒追突事故・・もうそんなにたったんだ。

飲酒運転をしていた今林被告が 前を走っていた車に追突し その車が海に転落し 乗っていた子供3人が死亡した事件。

地裁では7年6ヶ月の判決だったけど 今回の高裁の判決は懲役20年。

これを重いととるか 軽いととるか 妥当ととるか 意見はわかれそうだけど わたしは軽いともいえるけど十分だろうという意見。

そもそも 酒を飲んで車に乗ったこと自体人を傷つける可能性の高い犯罪行為だと思う。
多くの人は「自分は大丈夫」「今まで大丈夫だった」そんな軽い気持ちで飲酒運転をするんだろうけど

自動車という凶器になりえるものを運転する以上 どんな場合でもその責任をとる覚悟も一緒に持つべきだと思う。
いやなら公共機関を利用したり 徒歩にすればいいんだから。
(自転車でも飲酒運転は適用されます)

それでも・・それでも 飲酒運転は後を絶たない。
ニュースにならないだけでもっと多くの飲酒運転もあるだろう。

自分のやったことを反省し 自分よりまず被害者の心配ができる人間なら わたしもまだもっと広いこころでこの事件もみれたけど

この今林は 自分が追突して海に落とした車に乗っている人間の心配どころか 救助活動もしないで逃げ出し 挙句に飲酒をごまかすために水を大量に飲んだり 裁判になれば事故の原因を「わき見」だの「被害者の車が居眠り運転をしていたから」だの自己弁護に逃げ回っていた。

3人も幼い命が消える原因を作った自分の飲酒を・・それに対する甘い考えをどう考えているのかと思うと わたしが被害者なら「死刑」で相当だと思うだろうなぁというのが正直な感想だ。

今回の判決にも 今林は出廷しなかったが・・・

自分の判決を聞くのが怖いと思っているのか 自分が納得できない判決なら控訴するから今回の判決はまぁいいやと思っているのか・・それとも 何かを勘違いして被害者(亡くなった子供の親)にあわせる顔がないと思って出てこなかったのかしらないが・・

そういう態度でさえも 反省してないんじゃないかと思う。

加害者には もう過去のこと。
これからは未来を見て生きていきたいと思うのだろうが・・

そして 被害者にももう未来を見てくださいとでも言いたいのだろうが

本来あるべきだった人間の時間をとめられたら それを「過去」だと思える遺族がどれだけいるだろうか。

凍りついた時間を 再び動かして「過去」のことにするのにどれだけ遺族が苦しみを乗り越え 自分と葛藤して行かなければいけないかと思えば

遺族や被害者の時が止まっている以上 勝手に加害者だけが時間を進めて「過去」だの「未来」だのと言える立場じゃないと思う。

被害者でも その知り合いでもない・・ただのニュースを見て事件を知っただけのわたしは 時の流れと同時に事件の思いが色あせ・・つい こんなに時間もたってしまっている・・と「過去」の出来事扱いをしてしまいがちになる。

懲役20年と聞いて 「当然だ」と思う反面 「長いな」とも思う感情が生まれ始めている。

事件当時 このニュースを聞いて「死刑で十分だ」と思った感情が薄れ始めている。

社会も 加害者も流れていくときの中で「過去」のことにしがちな事件。
被害者・遺族だけが「時」が凍りつようなことになってはいけないと思ったのでした。

ついに日本上陸

新型インフルエンザ ついに日本にも上陸しちゃいましたね~・・

3人のうち2人は機内で発覚したから まだよかったみたいだけど 
残りの一人はそのまま飛行機を降りてロビーに向かっていたとか・・

こういう状況なのに 海外に行く人も
海外にいっていて帰ってくる人も
海外からの旅行者も普通に受け入れていたんだから せき止めるのは無理だとは思っていたけど・・・

問題は今後どうなっちゃうのだろうか・・

感染したからといって 即刻死んじゃうわけじゃないだろうし ちゃんとした治療を受ければ問題ないんだろうけどね。

一度 感染して治れば 抗体ができるのかな?

子供がいるから やっぱり不安・・・

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ