最近のトラックバック

« もっと考えろ | トップページ | やっぱりなぁ・・ »

ふと思ったのだが・・

事件を起こして その内容の凶悪さや本人の反省もしくは犯行理由が フォロー使用もないものの場合 弁護士は必ず 責任能力で訴えてくるような気がします。

わたしは責任能力がない人間こそ 社会に出すべきじゃないと思うのでこういう理由じゃいつも納得できないのですが 要は こういう理由しか罪を軽くするところがないからみんなワンパターンに弁護士は同じことをどの事件でも言うんでしょうね。

確かに 犯行に追い詰められ そこに至るまでに狂気に落ちてしまった犯罪者と言うのもいると思いますが その場合はまずは相手のやった行動をどう・・となると思うのですが ともかく 犯罪者の弁護に当時の責任能力だけを訴える場合 その犯罪内容には同情すべき点がないもの(せいぜい 被害者とは全然関係ないところの 犯人の生い立ちくらい)ばかり。

少し話しかわって・・

福岡で 飲酒運転で車を追突し 相手の車を海に落として自分は救助もせずに逃げ出し 飲酒の証拠を消そうとした今林の裁判が行われていました。

今林の弁護士は 海に落ちた理由を 被害者側のいねむり運転にあるので落ちたことの責任のすべてが今林のせいだとは言えない・・

というような弁護をしていたのですが

論点が何故そんなところにいくのかもわかりません。

相手が居眠り運転していなかったら 今林は飲酒運転しなかったのでしょうか?
相手が居眠り運転していなかったら 今林は逃げ出さずに救助していたのでしょうか?
相手が居眠り運転していなかったら 今林は自分の飲酒の証拠を消そうとはしなかったのでしょうか?

あの弁護士は何をいいたいのか・・
また裁判官は何を持って判決を下すのか・・

被害者が居眠り運転をしていたかどうかは正直 わたしはわかりませんし それが事実ならそれはそれで確かに罪に問われる箇所ではあるとは思いますが・・

でも それと今林が行った行動とはなんの関係があるのかわかりません。

相手が居眠り運転をしていなかったら 今林が飲酒運転をして対抗車線をはみ出しても 冷静に対処し 事故が起こらなかった。
ゆえに だれも海には落ちずに 事故は起こらなかった

とでもいいたいのでしょうか?

そんな理屈が通るのなら 世の中で起こっている犯罪のすべてはそのいいわけで逃げられると思うんですけどね。

飲酒運転を行ったことはまず許されません。
そこで裁かれるのは当然でしょう。

だけど 今林がここまで世間に叩かれるのは 海に落ちた相手の車を救助もせずに逃げ出し 挙句に自分が酒を飲んでいた証拠を消そうと汚い行動に出て 挙句に事故の原因を相手になすりつけようとしているからだと思うんですよね。

もしも 今林があの時に逃げ出さずに 海に落ちた人たちの救助に当たっていたら

必死に救助をしていたら

世間の目はもっと違ったものになっていたと思います。

全部自分が招いた自業自得なのに これで今林の罪が軽くなるようなら 人をひいてもわが身第一に行動する人間の勝ちって裁判所が認めたってことなんでしょうね。

« もっと考えろ | トップページ | やっぱりなぁ・・ »

その他雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169092/44223278

この記事へのトラックバック一覧です: ふと思ったのだが・・:

« もっと考えろ | トップページ | やっぱりなぁ・・ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ