最近のトラックバック

« なんかいろいろ・・ | トップページ | ソフトボールがんばっているね♪ »

閉ざされた現場

帝王切開で死亡した女性の 医師への判決が下された。

判決は 無罪。

女性は 前置胎盤という特殊な例で 癒着した胎盤をメスではがした際に大量出血してなくなった。

その処置に対して 医師が 適切な処置だったのか問われたわけだけど・・裁判所の下した結果は無罪。

医師が逮捕ということで 難しいお産を扱う産科医離れを起こしたという事件だったらしい。
(実際 今 産科医不足だし)

逮捕の危険があるから 医者が減る・・ということはどうなのだろうか・・・

多少のミスをしても 逮捕はされないから医者をやるってことなのかな・・

正直 医療現場って かなり閉ざされていたりするよね。
カルテだって 患者にはわからないように書いているわけだし・・・
よくひどい診察されて違う病院にいったという話は聞く・・けど・・そこまでの人が多いし。

ちなみに わたしも歯医者が すごいヤブで他の病院に移ったけど・・前の病院には文句いいに行かなかったしなぁ・・(^^;;

医療裁判は難しいというし 今回の判決自体 どうなのかはわからないけど

ただ 患者側にしてみれば 「一般にはこうだから・・」なんていう視点でだけで処置していくのはどうだろうと思う。

実際 自分がお産したときには「お産は人それぞれ。みな一緒ってわけではありません」って言われるのに 処置は 一般はこうだから・・っでされるのもね。

前置胎盤のことは最初からわかっていたんだろうから 大量出血したときの場合や それこそ 胎盤をはがすのが先か 子宮摘出が先か・・といろいろ想定しておくのが 経験をつんだ医師じゃないのかなと思わずにはいられない。

その判断が違っただけで 処置的には何も問題ない・・・と言われてしまえば しんでしまったことは 運が悪いだけってなるのかな・・・

自分や自分の大事な人がその 運の悪い人 にならなかったら 「医師立場を守るため(=数を確保するため)には 仕方ないのかな」と思えなくもないけど でも もしも自分が その運が悪く死んでしまった側になったら・・・

やっぱり 納得することはできないだろうな。

« なんかいろいろ・・ | トップページ | ソフトボールがんばっているね♪ »

その他雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169092/42224795

この記事へのトラックバック一覧です: 閉ざされた現場:

» 医者=犯罪者予備軍 [ぷにっと囲碁!なブログ]
■「医療の限界」による落命が「殺人」と呼ばれるのなら 情けない理由 - 日々の出来事から - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/miyuna928/42759520.html 産婦人科が少なくなっています。これは福島県立大野病院で2004年、帝王切開中の妊婦が失血死し、その担当医が業務上過失致死罪などに問われた事件の裁判が発端といってもいい。 これにより、気の小さい、そして無責任、自分勝手で、嘘偽り、腕に自信がない、裏がある医師は次々と産婦人科... [続きを読む]

« なんかいろいろ・・ | トップページ | ソフトボールがんばっているね♪ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ