最近のトラックバック

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

どんどん悪質になる

また福岡で 飲酒運転による事故と見られる引きひげが起こった。

目撃者の証言から 犯人はすぐに捕まったのだけど・・
(犯人:41の女)

見つかったときは アルコールが基準値に3倍だったらしい。

ところが この女 幼稚園や小学生 5人をはねて逃げたのだが つかまったときに なんと

「お酒は家に帰ってから飲んだ」

といっているらしい。

最低だな。

しかも はねたかどうかもわからないといっている。

今林のことにしても 結局 飲酒運転の処罰を甘いまま放置している結果 こんな悪知恵ばかり働かせる人間を増やす結果になったんじゃないかと思う。

今林とその弁護人と判決を下した裁判官は 今回の事件をよく見て責任とれとさえ言いたくなる。

まぁ・・酒飲んで運転するような人間は 元からそういう人間なんだろうけどね。

おまけに 近所に住む女らしいが よく自分の近所の人間をはねて そういうずうずうしいウソをつけるものだと呆れる。

5人もはねてわからないような注意力散漫な人間なら そもそも車の運転などするなと言いたい。

ひき逃げは間違いないんだから 10年くらい刑務所にいれておいたらいいんじゃないだろうか。
助けもしないで逃げるなんて 殺人と変わらないし 逃げる人間には 「はねられた人間が死んでもいい(自分が助かれば)」と思っていることには変わりないんだろうから。

今回は 軽症ですんでいるみたいだけど ここでまた甘い判決くだされれば この女も凝りないだろうし 同じような人間も何も学習しないまま 人はねたら逃げたらいい・・と思うだけだろうしね。

そういえば・・大分の教員採用試験・・今年も また不正がでちゃったんだ・・
あれだけたたかれたのに・・・

でも 不正合格なんて 教員に限らず 公務員にも多いんだよね。

不正合格した教員にしたら 「なんで自分たちばかり」って思っているかもね。

もう 公務員のほうも調べて処分しちゃえばいいのに。
過去からずーーーーっと。

すごい(^^;;

刃物をもったコンビニ強盗を店員が撃退

というニュースを先ほどしていたのだが てっきりわたしは

男性店員が撃退しんだんろうなぁと思って (勿論すごいなぁとは思ったんだけど)いたら・・

なんと撃退したのは女性店員。
(ただし おばちゃん)

この店員さんすごかった。

お金を出すふりをして レジまでいってカウンターの下から包丁を持ち出したそうなのだ。(^^;;

しかも 強盗とつかみ合いになり(肩をつかまれたから つかみ返したそう)

包丁の柄だったか みねだったかで 強盗の腹を殴ったとか。

それでも 強盗がひるまなかったから 今度は

「お前のようなやつがいるから 世の中よくならないんだ」

といって 今度は腰を殴ると逃げていったとか・・・

うーん・・すごい。(^^;;

男性でも ここまできっぱり言い切って しかも 殴れる人はそういないんじゃないだろうか・・

なんかここまで漢だと気持ちいいけど 店員さんに怪我がなくてよかった・・

ソフトボールがんばっているね♪

今回のオリンピック みんなが金メダルやメダル自体とれるわけじゃないけど とった人も とってない人も やっぱり感動を与えてくれます。

正直・・今回の北京オリンピックは期待してなかったんですよね。

選手に期待してない・・じゃなくて オリンピックそのものに・・・

だけど やっぱりがんばっている選手たちの姿は やっぱり感動します。

昨日のソフトボールの日本チームのがんばりは 本当に脱帽><

正直 連投だし 試合も延長戦までもつれ込むし・・厳しいのかなって あきらめていたんだけど その中 見事勝ってくれて 本当にすばらしかったです。

この調子で 今日の試合もがんばってほしいし

ここまで がんばったんだから 勝ってほしいと思います。

閉ざされた現場

帝王切開で死亡した女性の 医師への判決が下された。

判決は 無罪。

女性は 前置胎盤という特殊な例で 癒着した胎盤をメスではがした際に大量出血してなくなった。

その処置に対して 医師が 適切な処置だったのか問われたわけだけど・・裁判所の下した結果は無罪。

医師が逮捕ということで 難しいお産を扱う産科医離れを起こしたという事件だったらしい。
(実際 今 産科医不足だし)

逮捕の危険があるから 医者が減る・・ということはどうなのだろうか・・・

多少のミスをしても 逮捕はされないから医者をやるってことなのかな・・

正直 医療現場って かなり閉ざされていたりするよね。
カルテだって 患者にはわからないように書いているわけだし・・・
よくひどい診察されて違う病院にいったという話は聞く・・けど・・そこまでの人が多いし。

ちなみに わたしも歯医者が すごいヤブで他の病院に移ったけど・・前の病院には文句いいに行かなかったしなぁ・・(^^;;

医療裁判は難しいというし 今回の判決自体 どうなのかはわからないけど

ただ 患者側にしてみれば 「一般にはこうだから・・」なんていう視点でだけで処置していくのはどうだろうと思う。

実際 自分がお産したときには「お産は人それぞれ。みな一緒ってわけではありません」って言われるのに 処置は 一般はこうだから・・っでされるのもね。

前置胎盤のことは最初からわかっていたんだろうから 大量出血したときの場合や それこそ 胎盤をはがすのが先か 子宮摘出が先か・・といろいろ想定しておくのが 経験をつんだ医師じゃないのかなと思わずにはいられない。

その判断が違っただけで 処置的には何も問題ない・・・と言われてしまえば しんでしまったことは 運が悪いだけってなるのかな・・・

自分や自分の大事な人がその 運の悪い人 にならなかったら 「医師立場を守るため(=数を確保するため)には 仕方ないのかな」と思えなくもないけど でも もしも自分が その運が悪く死んでしまった側になったら・・・

やっぱり 納得することはできないだろうな。

なんかいろいろ・・

TVを見ていたら いきなり むかつくニュースが流れてきた・・

兵庫県で馬鹿なじいさんが 隣の住人にペットを注意されたら そのペットの犬を刺し殺し 隣人を脅したとか・・・annoy

こういう馬鹿がいると 動物を飼っている人間全部が非常識扱いされるんだ。(ーー;)

なんで 自分が注意されて 犬を殺すかな・・
そもそも そんなやつが 動物を飼おうと思うこと自体間違っているんだ。

多分 あまりうるさくて 「なら こうすればいいんだろう」みたいな短絡的な思いでペットを殺したんだろうけど 本当に馬鹿だ!

腹いせしたかったら 自分で自分を刺せばよかったのに。

大体 根本的に注意されているのは 犬そのものというよりも ペット禁止なのにかっているそのじいさん自体だろうに。

気分悪い!

一番の被害者は 犬じゃないか。

よっぽど 泣き声でもうるさかったのかなぁ・・・
隣人も 自分のところに子供がいれば 普通 自分のところが回りにかける迷惑を考えるト思うけど・・

と思っちゃうのは 子供に厳しく 動物にやさしいというわたしの考え方かもしれないが。(^^;;
(だって 認められているからいいってもんじゃなくて 動物より 子供の騒ぐ声や物音のほうが よーーーーっぽど迷惑だったりするもん)

隣の人も 自分をただの被害者だと思わずに 犬の死を考えてくれればいいなぁと思ったのでした。

それから オリンピック・・日本のメダルは がんばっている人 残念だった人いろいろだけど それはなにも問題ないと思うんだけど・・・

なんか ウソだらけだなぁ・・と思っちゃう北京オリンピックなのです。(・_・)

まぁ 開会式のオープニング花火自体は いいんじゃないかと思ったけど・・

歌の口パクは・・・どうなのよ・・・・・・

演出のために当然のことみたいに思っているけど(中国は) あれって 表の子と裏の子の理由は・・・「見た目」でしょ?(そう認めているんだし)

見た目なんか関係ない 本人の持つ力でがんばっているのが オリンピックなのに その開会式で がんばって歌う練習をした子を 見た目が・・っていう理由で裏に隠して 口パクの子が歌っているふりで光を浴びるって・・・

しかも そんなやらせを小さな子供にさせるなんてねぇ・・

悪いけど・・・まぁ これが 結局 北京オリンピックの姿 なんだなとしか思えないです。
最初から いろいろ 問題の多い今回のオリンピックだけど・・・

ますます 興味なくなった。(ーー;)

「声が流されただけで幸せです」
なんて子供に言わせるなんて(絶対 大人が言わせている) 本当の気持ちも言えないなんてかわいそう過ぎるわ。
歌がうまいのに「君は見た目が悪いから かわいい子が代わりに歌っているふりするね」といわれて 傷つかない女の子がいるのかねぇ・・中国には・・

こういうことあるから・・

ほかの女性の子宮を借りて子供を授かる代理母問題。

日本じゃ 以前からいろんな論議が出ていたけど・・・

わたしは 正直 自然の摂理からは外れてはいるとは思うけど そこまでしても子供がほしいと思う女性の気持ちもわからないわけじゃないので 否定・・というわけでもなかった。

夫婦の形 女性の存在というのが 「母」であることだけ 「子供」を持つことだけじゃないから 子供がもてないなら もてないで 別のあり方を見つければいい・・とも思うが・・それはわたしが子供がいるから ほしくてももてない人の本当のつらさはわからないし・・とも思っていた。

今 インドで 現地女性に代理出産してもらった赤ん坊が 日本に帰国できないかもしれないという問題が起こっているらしい。

日本人夫婦が 現地の女性に代理母を頼み 出産したらしいが その後 夫婦が離婚し 元妻のほうには子供を引き取る意思がないということらしい。

元夫のほうは 引き取る意思があるのだが インドの制度上 結婚してない男性が養子縁組をすることができないらしく 男性が子供を引き取ることが不可能だということらしい。

子供を持てない女性が 代理母で子供を持つ・・・そのこと自体は その女性のつらさを思えば 前述したように わたしは否定できない部分を持つが

今回の女性のように 自分が望んで生を受けた子供を「離婚したから」などという理由で 子供を拒否するような人間に 母親になる資格があるのだろうかと思う。

そりゃ 離婚したら その相手との子供をこれから育てていく・・なんて 考えただけでも負担が大きいのはわかる。

だけど 自分で 自分の子宮から子供を生んだ女性は そういう状態でも 生まれた子供を放棄なんかしないし できないのだ。

自分の子供がほしい それが 人の子宮を借りることになったとしても それは それだけの問題で 自分の子供であることは変わりない・・きっと 代理母を望む女性はそう思っていると思うのに

今回のニュースは 代理母を望む女性全体のあり方を問うた気になる。

都合のいいところは 「子供がほしいと思う気持ちは一緒」と訴えておきながら いざ 離婚だの トラブルが起これば 子供を拒否できる権利だけ主張するなんて・・・

なぜ この女性は 代理母など望んだんだろう。

どういう理由であれ 生まれた子に責任を持たないような薄っぺらない思いで なぜ 代理母など頼んだろう。

結局 こうなったときに 犠牲になるのは子供だと言うことを証明した結果になっただけのような気がする。

せめて離婚するなら 子供を引き取って 日本に帰ってからすればいいのに・・・

心底 自分のことしか考えてなかったんだろうな・・

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ