最近のトラックバック

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

責任能力ってなんなのよ

家族3人を殺害した犯人に 責任能力がないということで 無罪なのだそうだ。

責任能力ってなんだろう?

まじめに常識持って 働いて 生きて

そういう人間が人を殺せば 罪になるのに

自分で善悪判断できない人間なら 無罪なの?

善悪を判断できないなんて 最悪じゃないわけ?

そういう人間が無罪になって この先どうするの?

一生 病院でも どこでも閉じ込めておいてくれるわけ?

裁判官が面倒みてくれるの?
弁護士が一生責任もって監視するの?

善悪の判断もできない人間がこのさき また犯罪を起こさないなんて 誰がいえるんだろう。

そして そういう人間を野放しにする責任は誰がとるんだろう?

また 誰かが傷つけられても それは仕方のないことなの?

狂っているほうが よっぽど楽な世の中だから 後先考えない自分勝手な犯罪者が増えているんじゃないかとさえ思う。

ラクガキ

日本人には限らないのかもしれないけど・・・また 海外で 日本人の世界遺産へのラクガキが見つかったらしい。(^^;)

前も イースター島のモアイにラクガキして 逮捕されたばか者がいたらしいが・・懲りないなぁ・・

のフィレンツェのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の壁に油性マジックで 自分たちの名前(6人)と大学の名前を書いたと言うことだけど・・

自分たちも建築にかかわる人間のくせに やっていいことと 悪いことの区別もつかないのかなぁ・・
小学生レベルだ。(-_-;)

気分が高揚して書いた・・といっているらしいけど どう高揚したらこんなアホなことできるんだろう。

自分たちが一生かけても作れない建造物なのに。

文化遺産じゃなくても 自然や人の所有物(建物)に勝手にラクガキしちゃいけませんってこともわからないのかな・・・
大学というか・・親のしつけもわるいんだろうけど こういう人間はまず 幼稚園で習うことを教えてから 研修とやらにつれていくべきなんだろうなぁ・・

ちなみに わたしが高校のときに修学旅行で東京にいくときに

「東京では 汽車といってはいけません。
電車と言いましょう」

なんていうことが 旅行のしおりに書かれていたんだよね。(-_-;)
O県じゃ 一部 汽車は知っているからねぇ・・・

きれやすい年代

きれやすい・・というと 若い世代を想像しやすいけど 最近は 老人がおこす事件も多い。

昨日は 祖父が 4歳の孫を含む1家4人を惨殺するという事件もおきている。

家族の間で 体の状態をめぐってのトラブルもあったみたいだけど なぜ 4歳の孫まで殺せるんだろう。
自分勝手にもほどがある。

長く生きていて 若い世代の模範にもならないはずなのに なんでこんな事件がおきるのだろうか。

どうして 自分はこんなに長く生きていて まだ4歳の子供を殺せるんだろうか・・

こういういい方は悪いだろうけど この祖父より 孫の人生のほうが この先ずっと長いのに なぜそれをつぶしてしまえるんだろう。
それも 自分の孫なのに・・

ごめんなさい で謝って済むことじゃないのに そんなことも長く生きていてもわからないんだろうか。

そこまで追い詰められていたというのも全然理解できないわけじゃないけど だけど 同情は全然できない。
謝れば何が変わるというんだろうか。

この先の人生 刑務所と引き換えにして 4人の命を犠牲にして・・・なんだというんだろう。

死神ってどうなのよ

うちは 朝日新聞じゃないから ちゃんとコラムを読めないけど どうもそのコラムで鳩山法相を「死神」と表現したらしい。

正直 わたしは 朝日新聞のほうがどうなのよ? って感じだ。

どうせ 宮崎勤が事件を起こしたときは そのことを非難して書いただろうに 死刑を執行されたら とたんに偽善精神をだしたような文章を書くなんてね。

そもそも 死刑を決めたのは 鳩山法相じゃないし 死刑は判決が下ってから本来6ヶ月以内に執行しなきゃいけないのに それまでの法相が執行しなかっただけじゃないの。

そんなことをいっていったら 誰も死刑執行の命令なんか下したくなるなるよなぁ。

そもそも なら 判決くだした裁判官も 求刑した検察も それを望んだ遺族(と人たち)も死神だっていっているようなもんだよね。

それを まとめて死刑執行の職務にある人間を非難するなんて 短絡思考なんじゃないの。

自分がその権限ないからしなくてすんでいるだけで こういうことを平気で書くんだろうけど じゃあ 自分たちが法相になると 死神呼ばわりされたくないから 死刑執行を出さないんだろうか?

それって それこそ卑怯者のやることじゃないの。

朝日新聞は ノーコメントを決め込んでいるみたいだけど そもそも 人を死神呼ばわりするなんて 常識なしの名誉毀損じゃないの。

潔く謝罪すればいいのに。

鳩山法相は「軽率な文章」と言ったけど まさにそのとおりだな。

朝日って三流新聞だったんだ。
もう2度と読むのはやめよう。

自分たちは他人に対してえらそうなことばかり書いているくせに「ノーコメント」とは あきれるばかりだ。

猫殺し作家坂東眞砂子のエッセイを平気で載せていた日経新聞も恥知らずだが 最近の新聞社はそういう常識のない人間が 記事を書いているのかな。

正義とは思ってないけど

2008年6月17日 幼女連続殺人犯の宮崎勤の死刑が執行された。

正直 感想は

まだ 死んでなかったんだ この男

だった。

鳩山法相は死刑執行を「正義」という言葉で表現したが・・それが 正義かどうかはわからないし 人の生死を裁くことを正義か悪か・・と論じること自体が正しいことか疑問の思うんだけど

ただ この死刑執行が不当だとは全然思わない。

正義ではなくても この男が死刑になることで少しでも遺族の気持ちがはれるとするなら・・そうじゃなくても 生きていることで遺族が辛い思いをするのなら 死んで当然なのではないと思う。

だから 一番気になるのは これで少しは遺族の無念ははれたのだろうか・・ということだけ。

この男自体は 多分 死ぬまで 自分のおかした罪を後悔しなかったんだろうな。
(接見していた人の話を聞いたり 紹介されている著書の内容見る限り)

よく 死刑囚は 死刑の前までには心が清くなっている・・というような関係者の話を聞くけど それすらこの男にはなかったんだろうなと思うと わたしにはこの男の死も 物が壊れた程度の感情しかわかない。
そんな男が社会になんかにまた野放しにされるなんて論外だし だからといって税金を使い食事をさせ ”生活”をさせ 二酸化炭素を排出し エネルギーを消費していること自体 無駄としか思わなかったんだし・・

正義じゃなくても 結局 それ以外ないでしょう。

最後にこの男は何を思ったんだろう。
少しは 自分が殺した被害者のことを思ったのだろうか。
死んでスーとしたと言い放った自殺した自分の親のことを思ったのだろうか。
それとも やっぱり 最後まで 自分は無罪だから ギリギリに死刑は中止になると思っていたのだろうか。
ずっと一緒だったねずみ人間とやらがまた出てきていたのだろうか。

何を思っても きっと この男に対してはむなしいだけだろう。

死刑にならずにこのまま生きていても 反省なんてしなかっただろうし
万が一にでも釈放になんかなれば 同じ事件を繰り返しただろうと思う。

この男に殺された子たちは 生きていれば みんな 20を超えている。

中には結婚して 子供もいた子もいるかもしれない・・

もうあり得ない未来だけど そのあり得ない未来が今現実になっていたら 宮崎勤だって死刑になんかなっていなかったのだ。

誰が 死刑執行を招いたのか 死刑というものの存在じゃない。
死刑を下した裁判でも それを支持した国民でもない。
執行を命じた鳩山法相じゃない。

全部 宮崎勤本人が招いたことなんじゃないか。

願いむなしく

岩手・宮城の地震では みんなの願いもむなしく 時間がたつほど 犠牲者が増えていっている。

行方不明者が一人でも発見され・・そして 生存してくれていたらと願っているのに 死亡者の数ばかり増えていく。

今回の地震では なんだか 山や地面がすごく崩れている気がする。
地面が切り取られたような 見たこともないような道路の寸断があっちこっちで見られる。

被害者のほとんどは 建物自体の倒壊というよりも なんだか この土砂崩れなどに巻き込まれて・・のような感じだ。

震源地が浅いことや 元々の地盤が火山灰だの 水分を含んでいるだの 崩れやすい要素があったのだろうが・・・改めて自然の怖さを実感した><

大きな地震が 短い期間に何度も起こっているような気がするのも なんだか怖いなぁ。

やっぱり出た

秋葉原の事件の模倣犯・・・というよりも 便乗した書き込み・・・ なんで こんなにレベルの低い人間が多いんだろう・・それだけ 寂しい人間も多いのかもしれないけど 

恥ずかしいほど 頭の悪い顔が見えてくるようで悲しくなる。

一人そういうバカがつかまったようだが 大学までいって何自分の頭の悪さを晒しているのだろう。

営業妨害で捕まっているようだけど 殺人未遂でいいんじゃないのだろう?

「ただのいたずらだった」

なんて やる前につかまったからいえるいいわけで やっていたかもしれないんだし 書き込みのいたずらくらいと思っているバカには もっと痛めに合わないと自分のやったことを理解するだけの知的レベルがないと思うんだけどね。

こういうバカどもは まとめて捕まえて 宮城の地震のボランティア活動に従事させればいいんじゃないのかな。
宮城の地震も 少しでも これ以上犠牲者が増えないことを祈りたいです><

狭い世界

今は事件への関心の移り変わりが速い・・

それとも そう思うほど 世の中 事件や事故が多いと言うことだろうか。

昔なら 連続報道・・それこそ 犯人が望んでいたようにワイドショー独占もあっただろう秋葉原事件も 毎日やっているものの1つは10分もないんじゃないのかなぁ・・

被害者たちには まだ生々しい現実なのに。

もっとも 興味本位でただ報道していたら 犯人の望むとおりになって何の意味もなくなるのかもだけど。

ただ 今日 テレビでいっていた言葉が頭に残った。

台詞自体は正確にはかけないけど 言っていることは

現実の世界では サバイバルゲームで遊ぶ仲間もいたし 会社のことを話す同僚もいたのに ネットの中で誰からも相手にされないと 自分は一人だと思い込んでしまう

という話だった。

確かに いまやネット社会は もう1つの世界として確立し そこで起こったいざこざがリアルに影響して事件が起こったりもしているくらいだ。

ネットで本当の友達を見つける人だっている。
だけど お互い関心を持たないまま上滑りしていく人間関係だって リアル以上に多いのがネット社会だと思う。

リアルに話をする人がいても 本当の友達はいなかった・・とあの犯人は考えていたんだろう。

だけど そう言う人だっていっぱいいる。

遊ぶ人も 話す人もたくさんいる・・だけど 心から こいつは友達だ 親友だと言える人がいないなんて人だっていっぱいある。

自分には胸をはって親友がいるといえる人のほうが よっぽど幸せな存在だし そう言える自分を作った本人が一番努力しているものだ。

周りを否定して 自分を受け入れてくれる存在ばかり探していて その自分にとって都合のいい人間を友達だの 彼女だといっていた人間が 自分だけ不幸な気になって犯罪を犯しているなんて 人間の精神レベルはどこまで下がっているんだろうか。

自分の掲示板やブログに書き込みして 誰かが書き込みをしてくれるをずっと待っている。

誰も反応ないと 自分はみんなから見てもらえてないと寂しく思う。

そういう人間は多いと思う。

だけど それじゃだめなんだよね。
(まぁ わたしのブログもうそうだけど(^^;))

自分だって人のブログを見る そして書き込みする。

そこから交流って生まれるし そこで生まれた交流も途中できれちゃうことだって多いだろう。

いっぱい書き込みしているのに 長続きしない・・

でも やっぱりそれも普通なんだと思う。

その中から ずっと付き合える人が見つかれば 宝物といえる人間関係を築けたことになるわけなんだもんね。

宝物なんて そんなに転がってないよ。
宝物だって思った関係でも 何年も続いていたのにきれちゃった・・ってことだってあるもん。

結局 あの犯人も自分しかみてなかったんだろうな。

また暗いニュースが

秋葉原でまたバカな男が 7人もの人間を殺すという通り魔事件があった。

人生に絶望したのなら とっとと一人でしねばいいのに
なんで こういう人間ほど 他人を巻き込もうと考えるんだろう。

自殺する人間はいっぱいいる。

なんで 死んじゃったのと悲しまれる人もいっぱいいる。

だけど 一人で死ねばいいのにと思うやつほど 他人を巻き込もうとする。

結局 そういう人間だから自分じゃ死ねないから死刑になりたいとかいって犯罪を起こすんだろうけどね。

そして そういう人間の命の重さとやらを訴えて また死刑反対者が弁護しだすんだろうな。

自分や 自分の周りの人間は元気に生きているくせに
他人の死体を踏みにじって 命の尊さとやらを演説するようなふざけた行為がまた繰り広げられるのかと思うと 人間が人間を裁くことの罪・・・といいながら それを裁かないと判断する人間様の傲慢さを自覚してほしいものだ。

まぁ・・この犯人は 死刑はどうかと思うけどね。

できれば 地雷撤去・放射能処理とか もう一生 罪を償って普通は人がしなうような死ぬ事前提の作業にでもつかせたほうがいいと思うけど。
わたしが遺族なら 死刑よりそっちを望むな。

もう人である必要もないから 死刑もいらないよ。
物で十分だ。

どうせ こういう考えなんて危険だって言われるんだろうけど 仕方ないじゃない。
他人を犠牲にしていいって思っている人間にまで 優しい気持ちになれるのが正しい人間なら わたしは正しくなくたっていいんだもん。

更新がすっかりおさぼり

病気になってしまったために すっかり更新がおさぼりです。

だけど 世の中 相変わらず うんざりするような事件が多いですね。

いろんな事件が報道されるたびに 助かってほしいと思う命が失われたり・・
いろんな物が値上がりして うんざりしたり・・

明るいニュースってないのでしょうか。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ