最近のトラックバック

« 恥を知らない大人たち | トップページ | つかまるといいなぁ »

親子でも自分ではない

最近 親が子供をころす事件が本当に多い。

憎悪・・ではなく ほとんど親が何かに悩んでその結果無理心中をする形だけど・・

「残しておくと可哀想」

という気持ちはわからないでもない。

親が自殺をした子供は 子供で心に大きな傷を負ったまま生きていくのは事実だろう。

だけど それでも 子供の人生は子供の物だと思う。

子供を殺すほど可哀想と思うのなら 子供のためにいき抜いてやることをなぜ選択しないのだろう。

そうじゃなければ 子供も道ずれにすることだけはやめればいいのに・・

死ぬことを選択するのだって勇気はいるとは思う。
そして その選択をするほどの問題を抱えた親の苦悩もわからないわけじゃないが・・

だけど 一番信じていた者のてにかかって命を落とした幼い命のことを思うと 死ぬ勇気より 生きる勇気を選択して欲しいし そうでないのならせめて 親子といえど 子供は自分の一部じゃないことをもう一度考えて欲しいと思う。 

« 恥を知らない大人たち | トップページ | つかまるといいなぁ »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169092/40745036

この記事へのトラックバック一覧です: 親子でも自分ではない:

« 恥を知らない大人たち | トップページ | つかまるといいなぁ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ