最近のトラックバック

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

エコしよう♪

ブログのお友達のところで 携帯のエコサイトの紹介をしていました。

それで わたしもさっそく登録。

携帯のアドレスは http://ecof.jp

だけど PCからは こちら
(夢のボトルプロジェクトのブログサイトです)

エコゲーフォレスト&夢のボトル物語
登録すると 自分のペット?の動物を選びます。
動物と一緒にエコすると(ゲーム) しずくがたまり ご褒美がもらえたり「キボウの木」が育ったりします。

正直 このサイトを利用しているからといって エコになんか役立つのかは疑問ではあるのですが ただ エコを意識するきっかけにはなるんじゃないかなと最初おもったんですね。
特に 遊びながら 当たり前に電気を消したり ごみを分別したり・・または動物たちのおしゃべりに耳をすませて見たり・・子供たちにそんな気楽な気持ちでエコと触れ合っていってくれればなぁ・・・と。

でも ちょっと勘違いでした。

なんと キボウの木を育てたら 動物はお礼に ミライの種をくれるんですね^^
ミライの種は 1粒を0.1円に換算して 植林活動を行っている団体に寄付?されるんだそうです。^^
0.1円なんて ほんとうにちょっとの・・1粒だけじゃ 円とも言えないお金ですが ひとり ひとりが 種を植えれば それは確かに1本の木になるんですね。

何も意味もないような携帯エコゲームだけど・・そこで 電気を消すこと ごみを分別することをちょっとだけ意識して そして そこから 種を得たら・・・

ちゃんとそれはエコとして役立っていくんですね(*^^*)
ちょっと感動です。

あ ちなみに わたしのお友達動物は ライオンですw

日記もかけて 書いて見たんですけどね・・
テーマを考えてもらったのですが 「ごみの分別」・・・わたし ちゃんとできてないかも・・っておもっちゃいました><

ごみ収集車がもっていってくれればいいやというレベルで ちゃんと牛乳パックをひらいてスーパーのリサイクルに出したりとか・・
そういうところがかけているんですよね。

わたしのライオン君と 物語を作っていけたらな・・と「夢のボトル~エコでつながる物語~」のブログを見ておもったのでした♪

登録は無料なので ぜひ携帯サイトからどうぞ。^^

知識と知能がつりあわない子供

ネットゲームでの 詐欺で 16歳の高校生が逮捕されたらしいが・・

オンラインゲーム マビノギのポイントを 不正に書き換えたということだが
(管理会社のパソコンに侵入して)

本人は

「たかが ゲームのポイントを書き変えただけだ」

といっているらしいが

その書き換えたポイントを 現金化して 自分でスニーカー(リアルの)買ったり 図書券にしたり 現金を手にしたりしていて

それを「ゲームのポイント」だと未だに言う知能レベルというのは 幼稚園児並みだろうか。

ホストコンピューターに侵入する知識はあったが
物事を思考する知能は発達していないということなんだろう。

今回の場合 どういう処置をされるのだろうか。

日本では 基本 ゲーム会社は ゲームのポイントを現金化することを禁止しているが 法律的には なんの罰則はない。
ゲームをやっているユーザーが勝手に売買をしているわけだ。

この幼稚園児高校生は 実際の現金を手に入れているが その元である「ポイント」は今の状態なら 誰も損したというわけじゃない。

ゲーム会社が 買った人を特定して その人のポイントを差し押さえたら 買った人間からこの高校生に返金請求でもくるだろうが・・・
それも かなり難しいのかな。
(もっとも 調べれば 個人同士の売買ならわかるだろうけど この高校生は サイトにもうっているし)

んーーー

でも 本来 3600万円払って買うポイントを 7000円で買って詐欺しているんだから
会社からは 親元に 差額分の請求がくるのかな。
というか するべきだと思うし 親はその金を本人に払わせればいいんだと思う。

自分が手に入れたポイントは ゲームのポイントでも そのポイントを買うためには 現実のお金が必要で 自分はそのお金を払っていない という現実を理解させるべきだろうな。

目に見えないサービスにさえ お金と言うものは既に発生している社会なのだということをとっとと理解させるべきなのだ。

この幼稚園児高校生は 自分が退学処分を受け(退学だろうとおもうし) 社会的制裁を受けてはじめて ネットに依存するあまり ネットの中の架空性と現実の中の目に見えないサービスさえもお金・ルールが発生する現実を学ぶのかな。

びっくりしたというより呆れた

福岡の飲酒運転で子供3人を殺した犯人 今林。

判決は 業務上過失致死の7年ちょっとだったけど 検察側は やっぱり控訴した。

これは当然だと思う。

酒飲んで運転しただけで十分なのに 自分が車をぶつけて救助もせずに逃げ出し あげくに他人に身代わりを頼んだり 水を飲んでアルコールを下げたりしておいて つかまれば今度は 事故の原因を相手の居眠りだの言い張っているようなやつが 7年なんて 軽すぎるにもほどがある。

飲酒運転して事故起こしたら 逃げたもん勝ちだと証明するような判決うけるなんておかしいが

今林のほうも この7年が重いと控訴したというのだから呆れる。

調子に乗っていると言う言葉は 今林とこの弁護士にあるんだろう。

3人殺しておいて 7年で軽いというのはどういう考えだろう。
別に 1年も償わなくていい その代わり 3人の人生を返せといいたいくらいだ。

そもそも 本当に反省しているならともかく 3人もの命を奪っておいて(そして 救助もせずに逃げ出しておいて) 7年の刑務所暮らしが重いとか思っている人間のどこに反省のかけらがあるというのだろうか。

執行猶予つきを狙っているらしいが・・・

図に乗っているとしか思えない。

なんで 人の命を奪って それを悪いと思っていない人間が執行猶予ですむのだろうか?

どうして 世の中 悪人ほどふてぶてしいのだろうか。
光市の犯人+弁護団もそうだし

今林も今回の事件がなければ 社会に紛れ込んで 普通の常識の人間として生きていたんだろう。
この事件で わが身かわいさには 他人を落としいれ 平気で人の心もふみにじるようなやつだとわかったわけだが・・

酒飲んで運転して 事故起こして 逃げ出して 他人に身代わり頼んで 水飲んで証拠消そうとして 追突原因を相手に押し付け 7年の判決は不当で執行猶予(つまり 刑務所には入らないと宣言)を主張するような考えを持っているモンスターが 今まで公務員として 市民の税金で 酒飲んで飲酒運転をくりかえしていたわけだ。

今のまま社会に解き放たれれば また社会にまぎれて 次に何か起こすまでわたしたちのそばにいるかもしれないわけだ・・
そして 次の被害者は自分の家族かもしれないと思うと

次の飲酒運転の被害者は 今林ならいいのにとさえ思う。

また違うのか・・

松山で判決が下った 飲酒運転事故。

たらふく酒を飲んで スピードを出して カーブを曲がりきれずに電柱にぶつかって 同乗者が二人死んだらしい。

乗っていた人が死んで 運転している本人が生き残ったなんて 皮肉だけど良くある話だ。

今回は 被害者も 正直 同罪だから あまり同情する気もないし
友人を殺してしまっただから 本人だって平気じゃないだろうから その点はどうこう言う気はないが・・・

危険運転にならない基準が スピードが

100キロじゃなく 80キロだったから・・・

だそうだ。

判決基準ってなに?

数字の問題なのだろうか?

100キロで人が死ねば危険運転だけど
80キロなら人が死んでも業務過失致死だというのは・・・

なに?

そもそも 何が危険かといえば

酒飲んで運転する行為 そのものじゃないわけ?

酒飲んで 時速5キロくらいで ノロノロノロノロ運転して 気がつかない子供でもひき潰せば

それは セーフ?

刑法って 商品の裏側に書かれている注意書き程度の価値しかないと思う。

望むことは1つ

今日は タレントの風見しんごさんの愛娘えみるちゃんが 交通事故で亡くなって1年の日だそうだ。

1月15日

もう あの日から1年たったんだな。

他人には あっという間の1年で
うっかり忘れてしまう1年だけど 遺族にとっては いつまでも繰り返し戻る1年だっただろう。

実際 TVで風見さんもそういっていた。

「あの日に戻ったり
これじゃいけないと前向きにがんばったり
だけど あの日に戻ったり」

と・・・

あの事故のことを語っている風見さんの姿を見て 交通事故の悲惨さ その遺族の思いにうたれ こんな事故はもうおきて欲しくないと思ったものだが

あのあとだって 交通事故で死ぬ子供はあとを断っていないだろう。

車は便利な道具で 今の時代 車のない社会なんて想像はできないし
今のままじゃ 交通事故がなくなるなんてことも考えられないけど・・

それでも やっぱり こんな悲劇は1つでも減って欲しいと思う。

天国のえみるちゃんに伝えたい言葉で 風見さんがいった

「気をつけて歩けよ」

交通事故で死んだ子供に言いたい言葉が

「気をつけて歩けよ」

トイレに拳銃なんて・・

警察官が コンビニのトイレに拳銃と手錠を忘れたとニュースになっていたが・・・

無事に戻ってよかったけど もしも なくなっていたら 馬鹿だと言うレベルの話じゃない。

少し 自分の身に着けているものの重大性を考えてもらいたいものだ。

別に コンビニのトイレに行くなとは言わないけど・・・

できれば トイレだって 外でいかなくていいようにちゃんと用を足してから外出するべきじゃないのかな。

外でトイレなんかいって (公園のトイレみたいに人気がなかったりして)何かあったら 本当にしゃれにならない。

話かわって ここ2回ほど 福岡市の某所で 救急車を見かけたのだが・・

救急車はサイレンを鳴らしながら走っていたのだ。

1回目は対向車線にいた。

ピーポーピーポーサイレンを鳴らしているんだが・・・

そのスピードは 横を走っている車とほぼ一緒なのだ。

2回目は わたしたちの車の後方から サイレンの音が近づいてきた。

だから 夫はスピードを落として 道路の端に寄ったのだが・・・

なかなか 救急車は見えてこない。

わたしなんて どこか曲がったのだろうか?と思ったくらいだ。

そしたら やがて チンタラチンタラ走りながらやってきたのだ。

スピードを落としているわたしたちの車よりは早いが・・・それでも 早く行け!ってくらいスピードが遅かった・・・

たまに 救急でもないくせに 赤色灯をまわしているパトカーなどを見るから・・その類なのかなぁとも思ったのだが・・・

信号無視は平気でしていった。

救急なのだろうか?

救急なら なんで スピードをあげないの?

中に乗っている患者が スピードを上げるとまずい状態なわけ?

でも それなら サイレンなんて鳴らさなきゃいいし 赤色灯だってつけなければいいのに・・

一般の車にスピードを落とさせて 自分は制限速度以下のスピードで走って 信号だけは無視するって なんなんだろう。

しかも それが2度?(走って行く方向は同じ)

用事が終わって消防署に帰ろうとしている救急車が 新米の運転練習のために鳴らしているだけじゃないのかって思ったくらいだ。

赤色灯といえば もう2年位前に 田舎の一車線(しかも追い越し禁止)の道で前を 夜中パトカーが走っていたことがあった。

サイレンは鳴らしてないが 赤色灯をまわしているのだ。

あれは 防犯か何かのパトロール中だったのかもしれないが スピードは40キロ以下だった。(-_-;)(30キロくらいかなぁ)

どれくらいの時間だろうか・・

一応黙って耐えながら チンタラ走るパトカーの後ろをについて ずっと走っていたのだが(運転は旦那) 周りにほとんど民家もないような田舎道・・当然 前を向いているわたしたちの目には チカチカ赤い光がずーーーーーっと目に焼きついて・・

だんだん だんだん イライラしてきたのだ。
(まぁ・・わたしが)

別に 赤色灯を消せなんていわない。
スピードもあげろなんていわない。
(それがパトロールならば)

でも 道の横によけて 先にいかせろ!!!

なんで 制限速度以下でチンタラ 赤色灯をつけて走るパトカーの後方を何十分も(30分くらい?)走らなきゃ行けないのだ!!

と切れて 警察署に電話して 場所を伝えて 前を走るパトカーをどけさせろ!!と抗議をしたことがあった。

運転している自分たちは気にならないかもしれないが あのチカチカする光を延々みさせられるこっちは もうストレスたまりまくりで それこそ事故りそうだった。

まぁ・・運転していたのは旦那だけど・・・

電話をきって すぐに前を走っていたパトカーは道を譲ったから 連絡がいったんだろうが・・

あれで イライラして追い越したら 追い越し禁止でこっちの罪になったんだろう。
あんな興奮色の点滅(赤じゃなくたって ほかの光のない真っ暗な中で光の点滅見せられるのって拷問じゃないか) 運転のためにずっと前方を見て見ているこっちの身になってもらいたいものだった。

おとなしい人だったら パトカーがどいてくれるまでず~~~っと耐えていたのかなぁ・・

サイレンや 赤色灯の効果や威力というものだって 自覚してもらいたいものだ。

HNKなにやってんだ

NHKが ドラマを作るために 親子キリンを引き離して撮影していたらしい。

すると 親子の間にストレス症状が出ていたらしいが 先に母親キリンがいきなり死んで 次の子供キリンまで死んでしまったらしい。

義足のキリンの物語をドラマ化するために撮影していたらしいが

”命を大切さ”

を訴えるドラマを撮るために 実際の親子を引き離し (それが直接原因とは断定できないまでも)死に追いやるなどどういうつもりなんだろうか。

製作会社は
「キリンの死は残念なことだ」
といっているらしいが

2頭のキリンの命は ”残念”の一言で済ませられることなんだろうか。

NHK職員か この製作会社の社員が キリンの被り物でもして撮影すればよかったのに。

撮影企画が出たこと自体は なんともいえないが 動物がストレスを感じ始めた時点で撮影を中止するだけの覚悟がなければ 動物作品など作るべきじゃないんじゃないだろうか。

製作する側としては 「ここまでのせっかくの製作費用が」と惜しいのだろうが 結果 このドラマは放送もしないらしい。
つまり キリンの親子は 自分たちとはまったく関係ないドラマの撮影で 放送もされずに無駄に死んだのだ。

こういう人間の身勝手で犠牲になった動物の話こそ 語り継がれるべきじゃないのだろうか。

罪ってなんだろう

福岡の今林による飲酒運転での死亡事故の判決が出ました。

危険運転は適用されずに 7年6ヶ月。

人の車を海に突き落として 救助もせずに逃げ出して 飲酒をごまかすために水飲んで 同乗していた友人に身代わり頼んで 3人殺して 事故原因を相手の居眠りにするような人間が

7年6ヶ月。

飲酒運転ってある意味 犯罪者に優しい法律だなぁ。

普通に人を殺したら 3人も殺せば死刑の可能性もあるけど 酒さえ飲んで車運転していれば 6年半 我慢すれば自由になれるんだ。

朝から いろんな人の感想もでているし 番組でも取り上げられているし その中で 誰もが「おかしい」と思う判決が まかり通るなんて いったい なんのための裁判なんだろう?

これなら 車には酒積んでいおいたほうがいいな。

しらふの時に事故起こすより よ~~っぽど軽いんじゃないの?

ひき逃げにしてもね。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ