最近のトラックバック

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

お金の貸し借りはするもんじゃないな

「友情を壊したくなければ お金の貸し借りはするもんじゃない」

とは よく言われるが 友情だけじゃなく 大事な人とこそは お金の貸し借りってするもんじゃないなぁと本当に思う。

大事な人なら 「あげる」つもりのお金じゃなければ渡せないし 受け取れないんだろうな。

香川の事件が報道されるたびに 本当にそう思う。

殺されたおばあちゃんに非があるのか
それとも 犯人の勘違いなのか 知らないけど

ただ 100%おばあちゃんのほうが悪くても 小さな子供まで巻き添えにしていい理由にはならないと思う。

でも おばあちゃんだけなら・・ひょっとしたら おばあちゃんが100%悪かったら 犯人にも同情していたかもしれない。

それだけ お金の貸し借りっていうのは難しいなぁと本当に思ってしまった。

新聞でーす

・・といっても 最近我が家では 新聞配達 が家を訪れることはありません。><

ちょっと前から 新聞は断っているんですね。(^^;
ネットでもTVでも ニュースがあるから新聞はいいや・・と思って お断りしたんですが・・

だけど 結構 不便だということに気がつきました。(-_-;)

事件や事故などのニュースは確かに TVでもネットでも事足りるんだけど 新聞はそれだけじゃないということを 新聞をやめてから実感しました。

まずは地域の情報がないんですよ。(^^;
主婦に大事な ”チラシ”。
わたしには この存在は大きかったです。
それに新聞に載っている情報って決して事件や事故・近所のスーパーの安売りだけじゃないんですよね。
読みもの的にも 世論や流行を知るのにいいものがあって・・そういう情報がはいってこなくなったのは 微妙に不便だと最近痛感しています><

結局 うちには新聞は必要・・ってことなんですよね。

新聞配達 アルバイト というと 我が家では 旦那が学生の時にしたことがあるそうです。
旦那の友人は 新聞奨学生で 新聞配達をしながら専門学校に通っていました。

朝早くからおきて大変そうだったらしいですが そういう 新聞配達 求人があったから無事に専門学校を卒業できたって嬉しそうに話していたのを覚えています。

最近は 新聞配達をしてくれる人より 集金の人とばかり仲良くなって 新聞を配ってくれているのがどんな人なのか知らなかったですが・・
そうやってがんばっている人もいるんだろうなぁとちょっと懐かしく彼のことを思い出しちゃいました。

憂鬱・・

年末になってくると 気のめいる事件が増える気がするのは・・

気のせいだろうか・・?

殺人事件などは 確かに時期問わず起こっているのかもしれないけど・・

年末のもの寂しさが こういう事件をより印象つけているだけなのかな。

香川の事件・・なにを言っても 結局 殺された3人は戻ってこない。

いろいろ 謎も多いし その真相を知りたくないとは言わないけど 知っても3人は戻ってこない。

鍵をこじ開けた形跡がないってことは ひとまず 玄関のドアを開けてもらって中にはいったのかな?
話があるとかなんとかいって・・・

どう言い訳しても もしも そうならば・・たとえ 最初 おばあさんだけ殺す気でいっても そこに孫が泊まりにきているのを知ったら 計画を変更するもんじゃないだろうか。
恨みがあるのは おばあさんで 関係のない小さな子供まで一緒に殺してしまおうなんて思う発想に 理解なんかできない。

人を殺し 小さな子供の人生をつぶして 挙句に自分の家族(息子がいるんだから)の人生まで狂わすような行動に なんの意味があるというんだろうか。

しかも まだ殺した人たちへの反省の言葉すらないなんて・・

人はなぜここまで残酷になれるんだろうか。

狂ってしまったのだろうか?

死刑になったって 死んだ人は帰ってこない。
だけど だからといって 許されるほど軽い罪でもなければ 狂った人間をまた社会に受け入れたいとも思わない。

狂うのだって 自己責任だと思うから。
狂うことに逃げることを許されていい社会なんてあってはいけないと思う。 

つかまったけど・・

香川の犯人捕まったけど・・もう3人は山に捨てたなんて・・

本当に最低だ。

これから いろんな事実が出てくるかもしれない。
真相だって解明されていくんだろうけど

でも 失われた命は戻らないし

奪われた未来だって戻らない。

60も超えて 自分だって孫もいる年だろうに どうして そんな幼い子を殺せるんだろう。

どういう理由があっても 子供まで手にかけるような人間に同情する気はまったくない。

どんなに怖かったか・・

どんなに痛かったか・・

思うだけで辛い。

どうしてこんな事件が起こるんだろう。

自分のことしか考えられなくなった人間が増えたと言うことなんだろうか。

ストーカー殺人

またストーカー殺人が起こった。

実に迷惑なことだ。

なんだろう 
好きな気持ちが 結局受け入れてもらえなくて 相手さえいなければこんなつらい気持ちもなくなるのに・・・とでも思って殺すのだろうか?

それとも 殺して自分のものにしようとするのか?

相手への愛情が 憎しみになって殺すのか?

どちらにしろ 迷惑だ。(-_-;)

今回の犯人は 殺した後 自首したが・・こういうのも 刑の軽減に関係するのだろうか・・

自分のゆがんだ感情で 他人を殺せるような人間が どういう理由であれまたこの社会に戻ってくる可能性があるなんて 迷惑しかないと思うのだが・・・

だけど わたしも ストーカーっぽいのに 今現在 心当たりがいるなぁ・・・

飲酒運転のスケープゴート

福岡の酒飲んで3人もの子供を殺した今林。
このバカ男もバカ男なら そういうやつの弁護を引き受ける人間もクズしかないのか。

試験にさえ合格すれば 人間性も まともな常識もなく ただ金のために自分の弁護人をかばうような人間に 法廷にたつ権利を与えていいものなのだろうか。

光市の弁護団もクズだが この弁護士も福岡の恥さらし弁護士だ。

なんでも 酒飲んで 追突して 救助もせずに逃げ出したこの男は 

追突原因は 酒のせいではなくわき見運転なので 危険運転に当たらないので その1/3の軽さになる罰が正しいのだそうだ。
しかも 危険運転を適用しようという行為は 飲酒運転に対する見せしめであり 今林はそのスケープゴートにされているのだそうだ。

すでに社会的制裁を受けているから(まぁ 解雇されたことだろうな) 罪を軽くするべきらしい。

まったくわけがわからない。

なんで 反省もせずに 自己弁護と保身だけに必死の人間の罪が軽くなるとおもうのだろうか。
自分が望んでうけた解雇でもなし されるべきしてされているものを軽減の材料にしようなんて この弁護士も世の中なめているとしかおもえない。

酒飲んで運転していること自体 そもそも 許されることじゃないだろうに
じゃあ 酔ってないのなら なんで 救助もせずにその場を逃げ出したというんだろうか。

世の中不公平だとおもうのは 心から 今林のやった行為が許されるとおもっているこの弁護士の家族こそが 飲酒運転の被害者にでもなれば きっと丸く収まったことだろうに。

なぜ 自分の家族をこんなふざけた理由で殺されても 許しますよという心の広い人間は被害者にならないのだろうか?

まぁ わかりきっている。

自分の立場になってまで そんな寝言を言うやつなどいないからなんだろう。

無事に見つかって欲しいけど

香川の祖母と孫二人が行方不明になっている事件。

発生から 未だ手がかりがないみたいだけど 早く見つかって欲しい。

家の中にあった血痕が3人のものだということだから 無傷だということはないだろうけど せめて生きていて欲しいとおもう。

だけど 致死量にも達する出血の量だという話もあるし・・どうなんだろう・・

そもそも 犯人の目的がわからない。
事件発生数日前から不審な白い車が目撃されていたみたいだけど いったい なんの目的で年寄りの一人暮らしなんて家を狙ったのだろう・・

ただの強盗の割りに 現金には手をつけていないみたいだし 3人を連れ出す目的もわからない。
(殺してしまって死体を・・っておもっても そのまま 放置して逃げるものだとおもうけど)

携帯電話も持っていっているみたいだし・・顔見知りなのかなぁ・・・

どちらにしろ 小さな子供にまで手をかけるなんて 頭の中身が足りない人間には違いないんだろうが。

なぜそんなことができるのだろう。

自分が愛されない惨めな人生しか送れない哀れな人間には 人を思いやったり 慈しむ感情すら育たないってことなのかな・・

まぁ・・可哀想な人間には違いないが 同情する気はまったくないが 犯人は死んでいていいから 3人が生きて見つかりますように。

責任持たない人たち

福岡の 飲酒運転で子供3人を殺した今林に対する検察の求刑がでましたね。

相変わらず 今林+弁護人は 運転するのに危険じゃない程度の飲酒だったとして 危険運転を回避しようとしていますが・・・

じゃあ まともに運転できていた+冷静な判断ができていたとして 自分が追突して海に叩き落した車の被害者の救出活動もせずに逃げ出した行為を なぜ殺人罪として裁けないのかが不思議でなりません。

あれをまともな頭でやっていて 殺人じゃないのなら 人を殺したいときは酒を飲んで追突してやればいいということになりますよね。

そしてもう1つ・・

最初 速報で流れた民主党の小沢氏の辞意表明。

見事にあっさり覆りました。
本当に見事です。

別にやめろとはいわないし どちらがいいかはともかくとして たかが3日で変わる程度のことなら 最初から辞意なんて言い出さなきゃいいのに・・・

やめるのも無責任なら
続けるのも無責任というのが見えた気がしました。

まぁ・・この後の活動でちゃんとやってくれればいいんですけどね・・・

次は プッツンしたからもうや~めたとかまた言い出さないことを祈ります。 

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ