最近のトラックバック

« ふれあい広場って・・ | トップページ | 遊園地からの回答 »

「可哀想」といいながら死体をまとう女達

正直 今年はわたしにとっては ファッション系はうんざりする年ではある。

いいなぁ・・と思って気にいった服を見ると

”ラビットファー”

と書かれているのだ。
どうやら ラビットファーが人気らしい。
服以外にも いろいろ使われている。

わたしは牛革製品は買うのだが ファー(毛皮)は買わないと決めている。
(フェイクファーは買うんだけど)

ファー(毛皮)は わかりきっている。
毛皮をとるためだけに動物を殺しているのが大部分なのだ。
しかも 毛皮に傷をつけるわけにもいかないので その殺し方は残酷だ。
もっとも・・わたしは 毛皮反対の運動で知ったから 毛皮専用に大量に育てられている動物(ミンクとか ウサギとか)は 毒ガスみたいなもので一度に殺しちゃうのかもしれないが・・

残酷なことには変わりないだろう。

ちなみに わたしが見たやつは 毛皮に傷をつけないために アザラシを棒で殴り殺していた。

極寒の国で 毛皮を代々受け継いでいる民族・・というのなら まだ必要性も認めないわけじゃない。

だけど 毛皮も必要のない国・環境(暖房)で ファッションのために毛皮を身にまとう野蛮性を認める気がない。

毛皮のために動物が殺されるのは 殺す人間がいるから・・というよりも 毛皮を買う人間がいるからなくならないのだ。

よく 「学校で飼育されていたウサギが殺されました」というニュースを耳にする。
それを聞いた大半のまともな人は 「可哀想」と思うのだろうが そのかわいそうと思う人間のどれだけが自分の身に血塗られたファー(毛皮)をまとっているんだろうと思うと 無知なのか バカなのか わかっててやっているのか・・・

もっとも わたしだって 牛革は食肉用の後の革を使っているという話しを聞いたから 牛革だけは使っているけど・・・そうじゃないのだとしたら 同類なんだろうけど・・

ファッション業界も ファーとフェイクファーの両方の商品を出してくれればいいのに。

「ふわふわして気持ちいい」と言う前に それは動物の死体から剥いだものであり その動物を死に追いやったのは 自分のような毛皮を買う人間だという自覚をもつべきなんだろうな。

なかなか きつい話題になってしまったが・・わたしは動物好きだけど だからといって 優しい人間でも 善良な人間でもないと思う。
たまに 自分の考えの危険性に怖くなることもある。

先日 ドライブをしていた。
そこで 道の端に「子犬を売ります」みたいな看板を見つけたのだ。
可愛い子犬の写真が貼ってあった。

この話しは 旦那にも なんで子犬の写真からそんな話しになるんだと旦那からも言われたくらい 突拍子もない展開になるのだけど・・・

ともかく・・その写真を見て わたしは「可愛いなぁ」と思った。

動物でも 人間でも 子供が可愛いのは それが子供の生きるための武器だから当然だという話しを聞いた事がある。

わたしもそうだけど 子供が犠牲になる事件など聞くと 無性に腹が立つ。
犯人など 死刑になってしまえばいいと思う。

同種の幼体を守ろうとするのは 種を維持しようとする動物の本能だろうか?
だから 子供が犠牲になると 普通の人間ならその種の維持の危機だから怒るのだろうか?

子供は可愛い。
それは 人間でも 動物でも・・・・

多分 ほとんども人は 羊の子供がふれあい動物広場でもいれば 「可愛い~」といってみるだろう。

だけど その反面 料理で「子羊のソテーです」なんて レストランで出てくれば 「おいしいー!」となるわけだ。

可愛い子羊が 食べ物として目の前に来ても そこに良心の呵責を感じる人間は少ないだろう。
その理由の多くは (特に自分で食材の調達をしない人たちには) ”殺す”という行為を他の人が代わってやってくれているから 食べるだけの人間には「生きるために食べる」という生物の原則だけを主張できるから・・・かな。

でもその嫌な「殺す」という役目をしてくれている人間が悪いわけじゃない。
彼らだって いい気持ちはしていないだろう。
そうじゃなければ・・そこにあるのは そういう感傷より 「生きるための行為(仕事としてでも)」という認識の方が上にくるのだろう。
可愛い子羊は 生きるための食材として見ているのだ。

別に・・悪い事じゃないだろう。
そういう人達がいるからこそ わたしたちは自分で嫌な部分をみることなく 食材にありつけるのだから・・

食に関していうと・・

人間は贅を極めると 悪食になるという話しを聞いたことがある。
まぁ・・真相がどうかは知らないが(わたしはまだ 贅を極めてないのでそこまで達してないし) その究極が 「共食い・・・つまり 人間(主に子供)を食べる」ことだというのを聞いた事がある。

当然 それを聞いた時 「げーー・・○チガイ・・」と思ったわけだが・・

そこで 子羊を食べる事は問題なく 人間の子供なら問題だとしたら・・
そこにあるのは なんだろう?と思ってしまったわけだ・・

そりゃ 倫理とか モラルとか 常識とか・・・そういうのもがあるのは当然だけど それは人間が作り出した物で じゃあ 生物としての正しさを考えた時に

種の維持・・幼体を守ろうとする本能だろうか?

などと思ってしまったわけだ・・(-_-;)

食べる人間も 調理する人間も 「それが」 ただの食材にしか見えない 思えない という異常性は ひょっとしたら 毛皮を身にまといながら 動物虐待・幼児虐待のニュースを聞きながら「かわいそぉー」とつぶやいてみせる多くの人間より よっぽど自分の(歪んだものにしろ)心に正直なのでは・・とさえ思ってしまったのだ。

彼らの異常性は 「種の維持」で 同種共食い・殺し合いをしないという生物の原則をはずれているところであり・・でも 自然界でも たまに同族殺しや子殺し・共食いをおこす固体も出現するわけで・・結局 そういうバグのようなものなのかな・・と・・・

 

実際・・なんで 子犬の写真から こんなことを思ってしまったのか・・

疲れているのかな(-_-;)

« ふれあい広場って・・ | トップページ | 遊園地からの回答 »

その他雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169092/16755839

この記事へのトラックバック一覧です: 「可哀想」といいながら死体をまとう女達:

« ふれあい広場って・・ | トップページ | 遊園地からの回答 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ