最近のトラックバック

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

どうしてつかまらないのだろう?

また 兵庫県加古川市で子供が犠牲になる事件が起こった。

それも 家の前で・・

本当に信じられない。

18時ころということだが・・そりゃ 最近は日もくれるのも早くなったが それでも人通りが切れる時間帯ということでもないだろう。
ましてや 目撃者の中には 犯人が覆面をして大声で叫びながら自転車で逃げていったと証言する人までいるし・・

本当にそんな人間がいたら 目立たないはずはないと思うのだが・・・

普通は覆面してても 犯行のあと脱ぎ捨てて一刻でも早く雑踏の中にまぎれてしまおうと思うんじゃないのだろうか・・

ましてや 大声を出すなんてなんでそんな自分に注目集めるような事をするかなぁ・・

正直 解せないのだが もしも この証言が100%間違いないのなら 本当に頭おかしいとしか思えないのだし そんな頭のおかしい人間なら近所でもうわさになるもんじゃないのかなぁ。

どちらにしろ 最低なクズに違いがない。
こんな犯人を逮捕できないようじゃ 兵庫の警察もどうしようもない。

どこかでのたれ死んでいればいいと思いつつ こんなクズ 簡単に死んで許されるわけがないとも思わずにいられない。
人にこんな迷惑をかける前に 不満があるなら 自分だけとっとと死んでくれればいいのに。 

遊園地からの回答

10/6に書いた記事  実は あの後 遊園地の管理会社のほうに要望メールを送っていたんです。

もっとも 遊園地自体のHPに問合せ先がなかったので MLの管理のほうに要望としてメールしたのですが。(^^;;

あれから 返答もなかったし・・
ただ こういうことって多いんですよね。
特に官公庁は多いです。
警察だって 市役所の窓口だって こういう内容には返事無しということざらだったし またそうなんだろうなぁ・・と思っていたら こちらの遊園地からはしっかり回答がありました。

どうやら 遊園地側の担当者に確認などをとっていてくれたみたいです。
(その時の状況説明なども書かれていました)

勝手に送られたきた文章を転載するわけにもいかないでしょうが 改善なども約束してくれているので まずはひと安心です。

ちゃんと回答を送ってきてくれるあたり 民間のしっかりしている部分ということでしょうか。
そう思うと 公僕のお役所仕事は 本当に税金の無駄だと思います。(-_-;)

まずは あそこの動物達が少しでもいい環境になってくれますように。

「可哀想」といいながら死体をまとう女達

正直 今年はわたしにとっては ファッション系はうんざりする年ではある。

いいなぁ・・と思って気にいった服を見ると

”ラビットファー”

と書かれているのだ。
どうやら ラビットファーが人気らしい。
服以外にも いろいろ使われている。

わたしは牛革製品は買うのだが ファー(毛皮)は買わないと決めている。
(フェイクファーは買うんだけど)

ファー(毛皮)は わかりきっている。
毛皮をとるためだけに動物を殺しているのが大部分なのだ。
しかも 毛皮に傷をつけるわけにもいかないので その殺し方は残酷だ。
もっとも・・わたしは 毛皮反対の運動で知ったから 毛皮専用に大量に育てられている動物(ミンクとか ウサギとか)は 毒ガスみたいなもので一度に殺しちゃうのかもしれないが・・

残酷なことには変わりないだろう。

ちなみに わたしが見たやつは 毛皮に傷をつけないために アザラシを棒で殴り殺していた。

極寒の国で 毛皮を代々受け継いでいる民族・・というのなら まだ必要性も認めないわけじゃない。

だけど 毛皮も必要のない国・環境(暖房)で ファッションのために毛皮を身にまとう野蛮性を認める気がない。

毛皮のために動物が殺されるのは 殺す人間がいるから・・というよりも 毛皮を買う人間がいるからなくならないのだ。

よく 「学校で飼育されていたウサギが殺されました」というニュースを耳にする。
それを聞いた大半のまともな人は 「可哀想」と思うのだろうが そのかわいそうと思う人間のどれだけが自分の身に血塗られたファー(毛皮)をまとっているんだろうと思うと 無知なのか バカなのか わかっててやっているのか・・・

もっとも わたしだって 牛革は食肉用の後の革を使っているという話しを聞いたから 牛革だけは使っているけど・・・そうじゃないのだとしたら 同類なんだろうけど・・

ファッション業界も ファーとフェイクファーの両方の商品を出してくれればいいのに。

「ふわふわして気持ちいい」と言う前に それは動物の死体から剥いだものであり その動物を死に追いやったのは 自分のような毛皮を買う人間だという自覚をもつべきなんだろうな。

なかなか きつい話題になってしまったが・・わたしは動物好きだけど だからといって 優しい人間でも 善良な人間でもないと思う。
たまに 自分の考えの危険性に怖くなることもある。

先日 ドライブをしていた。
そこで 道の端に「子犬を売ります」みたいな看板を見つけたのだ。
可愛い子犬の写真が貼ってあった。

この話しは 旦那にも なんで子犬の写真からそんな話しになるんだと旦那からも言われたくらい 突拍子もない展開になるのだけど・・・

ともかく・・その写真を見て わたしは「可愛いなぁ」と思った。

動物でも 人間でも 子供が可愛いのは それが子供の生きるための武器だから当然だという話しを聞いた事がある。

わたしもそうだけど 子供が犠牲になる事件など聞くと 無性に腹が立つ。
犯人など 死刑になってしまえばいいと思う。

同種の幼体を守ろうとするのは 種を維持しようとする動物の本能だろうか?
だから 子供が犠牲になると 普通の人間ならその種の維持の危機だから怒るのだろうか?

子供は可愛い。
それは 人間でも 動物でも・・・・

多分 ほとんども人は 羊の子供がふれあい動物広場でもいれば 「可愛い~」といってみるだろう。

だけど その反面 料理で「子羊のソテーです」なんて レストランで出てくれば 「おいしいー!」となるわけだ。

可愛い子羊が 食べ物として目の前に来ても そこに良心の呵責を感じる人間は少ないだろう。
その理由の多くは (特に自分で食材の調達をしない人たちには) ”殺す”という行為を他の人が代わってやってくれているから 食べるだけの人間には「生きるために食べる」という生物の原則だけを主張できるから・・・かな。

でもその嫌な「殺す」という役目をしてくれている人間が悪いわけじゃない。
彼らだって いい気持ちはしていないだろう。
そうじゃなければ・・そこにあるのは そういう感傷より 「生きるための行為(仕事としてでも)」という認識の方が上にくるのだろう。
可愛い子羊は 生きるための食材として見ているのだ。

別に・・悪い事じゃないだろう。
そういう人達がいるからこそ わたしたちは自分で嫌な部分をみることなく 食材にありつけるのだから・・

食に関していうと・・

人間は贅を極めると 悪食になるという話しを聞いたことがある。
まぁ・・真相がどうかは知らないが(わたしはまだ 贅を極めてないのでそこまで達してないし) その究極が 「共食い・・・つまり 人間(主に子供)を食べる」ことだというのを聞いた事がある。

当然 それを聞いた時 「げーー・・○チガイ・・」と思ったわけだが・・

そこで 子羊を食べる事は問題なく 人間の子供なら問題だとしたら・・
そこにあるのは なんだろう?と思ってしまったわけだ・・

そりゃ 倫理とか モラルとか 常識とか・・・そういうのもがあるのは当然だけど それは人間が作り出した物で じゃあ 生物としての正しさを考えた時に

種の維持・・幼体を守ろうとする本能だろうか?

などと思ってしまったわけだ・・(-_-;)

食べる人間も 調理する人間も 「それが」 ただの食材にしか見えない 思えない という異常性は ひょっとしたら 毛皮を身にまといながら 動物虐待・幼児虐待のニュースを聞きながら「かわいそぉー」とつぶやいてみせる多くの人間より よっぽど自分の(歪んだものにしろ)心に正直なのでは・・とさえ思ってしまったのだ。

彼らの異常性は 「種の維持」で 同種共食い・殺し合いをしないという生物の原則をはずれているところであり・・でも 自然界でも たまに同族殺しや子殺し・共食いをおこす固体も出現するわけで・・結局 そういうバグのようなものなのかな・・と・・・

 

実際・・なんで 子犬の写真から こんなことを思ってしまったのか・・

疲れているのかな(-_-;)

ふれあい広場って・・

よく遊園地とかには「ふれあい広場」といって 動物を実際に触ったりできる場所が設けられているよね。

おかれている動物は ウサギとかモルモットとか おとなしい小動物が多いんだけど・・

でも あれって 人間が触れ合って喜んでいるだけで 実は動物にはすごーーーいストレスだったりする。(-_-;)
だから ああいうところの動物は長生きできないっていう話しを聞いた事がある。

(犬なんかがいるところもあるけど 人と触れ合うのが好きな犬でも たぶん 一方的なふれあいされたらストレスだろうし)

わたしは動物が大好きで ふれあい広場とか聞くとついいっちゃうんだけど・・・

なんていうのかなぁ・・ふれあい広場自体を否定する気はない。
動物と触れ合う機会の少ない人(特に子供)が 触れ合うチャンスのある場所だし
何より そんな場所でも エサをもらえていきなる場所をもらえている動物は ひき取り手がいなくて処分されちゃう保健所の動物たちやペットショップの売れ残りの子たちに比べればまだいいんじゃないのかな・・と思うから。

だけど それでも せめてできる限りの動物たちへの気遣いをしてもらいたいと思う。

よく ふれあい広場の動物の扱いが悪く ほとんど虐待だとたたかれている施設があるが・・

今日 子供を連れて行って福岡市香椎にある某遊園地(もろわかりだろうけど(-_-;))の動物広場もひどかった。

まずいって驚いたのが いたのが うさぎ・モルモット・ヤギだけだったのが・・

うさぎのいれられている小屋が あっちこっちに点在している。
まぁ・・それは縄張りをもつうさぎ同士のケンカを避けるための方法だとしていいとしても・・

小屋でもない ただのオリを逆さにしただけのものを地面に突き刺して 中にうさぎをいれているのには びっくりした。
そのオリ自体・・というよりも 設置している場所が 広場の真ん中とか点在しているのだ。

いった時は既に夕方だったが・・1匹は木の影が移動して その影の中にはいるようにして横たわっていた。
暑さに弱いうさぎに この扱いはないでしょう・・・と思ってしまった。

それで 離れた場所にあった段ボール箱を探して それをオリにたてかけて影をつくってやったのだが・・

地面に突き刺しているってことは・・この小屋はずっとこのままなのだろうが・・夏の暑い時もこんなことしていたのだろうか?

水は一応 設置されている。
折りに備え付けるタイプ(普通のウサギが飲むような給水ボトル)には 綺麗な水がはいっているようだが・・小屋タイプにいれられているうさぎの水は銀色の小さなバケツにいれられた水だった。(-_-;)
当然 なかにはゴミもはいっていた・・

地面は草だらけだから 蚊は飛び回ってウサギの耳にとまろうとしていたりしたが・・蚊って大丈夫なの?
(犬ならフィラリアの危険性あるよね)

エサをあげようと買ってみると 中身は にんじんときゃべつ だけ。
小屋の中にも 他の人があげた野菜の残りクズばかり・・・

ここのウサギって主食はにんじんとキャベツなのかな・・・
ウサギって キャベツの取りすぎは 成長障害とか起こして良くないんだけどなぁ・・

でも 経済的な問題もあるのかな・・あんまり人いないし・・・
とか そこはいろいろ考えてしまったのだけど・・

問題は そのあと ウサギをなんと部屋の中にいれるのに 耳を持って 持ち上げたのだ。

Σ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン!!

ウサギの耳なんかもっちゃいけないのに!!!

昔 猟師なんかが (うさぎの生死関係なく)持ち上げる時に耳を持っていたのがそのまま広まっただけで うさぎの耳には細かい血管が通っていたりして大事な場所なので そこを持ち上げるなんてとんでもない!!

子供もショックを受けているし わたしもあんまりだと思ったので係りの人に抗議してしまった。(-_-;)

「うさぎの耳もつのやめてください。」

「ああ わたしたちは慣れているから大丈夫ですよ」

「慣れとか関係ないです。うちにもウサギがいますから。
ウサギの耳はもつものじゃありません」

「でも ウサギはこの耳の後ろをもつんですよ」

「そうですよ。
耳の後ろの首の皮とお尻をもつんです。
耳をもつんじゃありません」

「でも この子かむんですよ。
バイトの子もかまれたりしたし・・」

「そんなの噛まれない対策をするべきでしょう。
軍手をするなり。
ともかく耳を持つのはやめてください」

一応・・こちらのいい分を聞いてくれたようには見えたけど・・

多分 内心納得はしてないだろう。(-_-;)

かなり年配の人だったし たぶん あの年代は うさぎは耳を持つもの・・と思っているんじゃないのかなぁ。

あの遊園地自体は 掃除もちゃんとされているし スタッフの教育が悪いとは思わないけど 動物に対する扱いの指導をちゃんと上の人間(それも動物をわかっている)がしてないんじゃないかと思ってしまった。

このままじゃ心配なので HPから いろいろ探して・・メーリングリストの問合せ先から 動物の扱いについての要望をメールしておいたのだが・・・

どうか ちゃんと改善されますように!!

自分も ふれあい動物自体 動物触れるから喜んでいたけど・・

これからは 抱っことかするのやめよう。(-_-;)

あそこにいる動物たちが ちゃんとこれからの飼われて行く為にも ふれあい動物がなくなるような行為はしたくないから みにいったりして エサをあげたり そういうレベルじゃ エサ代の協力はこれからもしていきたいけど 自分が触りたいからと触るようなまねは(その動物が望んでない限り)やめよう・・

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ