最近のトラックバック

« 同じ穴の狢 | トップページ | ふれあい広場って・・ »

サル芝居

被告も呆れるなら 本当に弁護団にも呆れるのが 光市母子殺人事件なのだと思う。

今回は 被告の弁護団の今枝仁が 記者会見で泣き出すと言う弁護士としては実におそまつな醜態を見せている。

醜いの一言に尽きた。

自分の感情すら冷静に抑えられないのなら 3流もいいところだ。
どうせ 泣けば同情でも変えると思っているサル芝居だろう・・としかわたしは思えなかった。

同情どころか 見苦しいし 邪魔くさい。
パフォーマンスとしても くだらないの一言に尽きる。

これが真実だとしても・・・やっぱり くだらないから引っ込め! としか思わない。

あれを見て 心を打たれた人間もいるのだろうか?
いるのかもしれないね・・いろんなやついるし。

しかも 言ったセリフが「この弁護ほど 胸をはれたものはない」らしい。

さぞかし 今まで 人様に言えないような恥ずかしい弁護しかしてこなかったのだろうというのが見て取れる。

この猿芝居の被告と弁護団はどうにかしてもらいたいと思う。

犯人と弁護団に言いたいものだ。

実に社会を なめないでもらいたい。

しかし 弁護士というのはなんだろう。

グズグズ泣いている今枝の横で 冷めた目で見ている他の弁護したち・・

まぁ それが真実なのだろう。

この弁護士たちに他人の痛みをわかる気持ちなどないのだろう。
殺された被害者の気持ちより 殺した犯人の気持ちのほうが理解できるような人間の弁護が通るような日本なら この先 犯罪者の天国だろうな。

もううざいから この弁護団は前面にでないでもらいたい。
こいつらのいい分なんていらないし 聞く気もない。
いくら この事件の伸展を聞きたくても この弁護団が出るだけでチャンネルを変えたくなる。
そしてそうさせてしまったのは こいつらの今までのくだらないいい分のせいだということを自覚してもらいたいものだ。

« 同じ穴の狢 | トップページ | ふれあい広場って・・ »

その他雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169092/16522544

この記事へのトラックバック一覧です: サル芝居:

« 同じ穴の狢 | トップページ | ふれあい広場って・・ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ