最近のトラックバック

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

サル芝居

被告も呆れるなら 本当に弁護団にも呆れるのが 光市母子殺人事件なのだと思う。

今回は 被告の弁護団の今枝仁が 記者会見で泣き出すと言う弁護士としては実におそまつな醜態を見せている。

醜いの一言に尽きた。

自分の感情すら冷静に抑えられないのなら 3流もいいところだ。
どうせ 泣けば同情でも変えると思っているサル芝居だろう・・としかわたしは思えなかった。

同情どころか 見苦しいし 邪魔くさい。
パフォーマンスとしても くだらないの一言に尽きる。

これが真実だとしても・・・やっぱり くだらないから引っ込め! としか思わない。

あれを見て 心を打たれた人間もいるのだろうか?
いるのかもしれないね・・いろんなやついるし。

しかも 言ったセリフが「この弁護ほど 胸をはれたものはない」らしい。

さぞかし 今まで 人様に言えないような恥ずかしい弁護しかしてこなかったのだろうというのが見て取れる。

この猿芝居の被告と弁護団はどうにかしてもらいたいと思う。

犯人と弁護団に言いたいものだ。

実に社会を なめないでもらいたい。

しかし 弁護士というのはなんだろう。

グズグズ泣いている今枝の横で 冷めた目で見ている他の弁護したち・・

まぁ それが真実なのだろう。

この弁護士たちに他人の痛みをわかる気持ちなどないのだろう。
殺された被害者の気持ちより 殺した犯人の気持ちのほうが理解できるような人間の弁護が通るような日本なら この先 犯罪者の天国だろうな。

もううざいから この弁護団は前面にでないでもらいたい。
こいつらのいい分なんていらないし 聞く気もない。
いくら この事件の伸展を聞きたくても この弁護団が出るだけでチャンネルを変えたくなる。
そしてそうさせてしまったのは こいつらの今までのくだらないいい分のせいだということを自覚してもらいたいものだ。

同じ穴の狢

ずっと更新が停滞していた間も 気になるニュースはいくつもあった。
ただ リアルにトラブルが生じてそれを書く気にもならなかったわけだけど・・

(もっとも トラブルは今も続行中)

ニュース的にはちょっと古くなるが・・

光市母子殺人犯の弁護士が 橋下弁護士を訴えたというレベルの低いニュースが目に飛び込んできた。
あれはどうなったのかな・・今 準備中かな?

なんでも橋下弁護士がTVで この弁護団について懲戒請求を求めるような発言をしたら 本当にそれをみていた一般視聴者?の中で懲戒請求をした人たちが現れて 橋下弁護士の発言がそれを挑発したとかなんとかいって 営業妨害だが・・なんだかで 損害賠償を請求したという話らしい。

今回の懲戒請求問題を 人のせいにするあたり どうもこの弁護士たちが弁護している犯人と同レベルのような気がしてならないのだが。

人のせいにする前に なんで自分たちが多くの人間から懲戒請求など受けたのか・・ということを真摯に受け止めたらどうだろうか。
それとも 懲戒請求を受けたのは 橋下弁護士がTVで発言したからだ・・と本気で思っているのだろうか?

自分が犯罪を犯したのは ドラえもんがどうとか 母親を早くなくしたせいだとか 何かのせいにしているような人間の弁護をする人間が 自分たちが世間の人たちから批判を受けているのは 自分たちを非難する人間がいるせいだ・・と主張しているのだとしたら・・懲戒されちゃったほうがいいんじゃないだろうかと思うのだが。

元々 犯人を弁護したくて弁護しているんじゃなく 死刑反対という自分のちょうどいいアピール題材のために弁護をしているような弁護士に 弁護を頼む人間なんて・・加害者くらいじゃないのだろうか。
わたしなら 絶対 こんな弁護士 誰も何もいってなくたって ごめんこうむる。

仕事が来ないのは 人のせいじゃなく 自分たちのせいだろうに・・・

橋下弁護士自体 別に好きではないけど この弁護団のほうはぜひ負けて弁護界からいなくなってもらいたいくらいだというのがわたしの気持ちだな。

ついでに いなくなってしまえと思っているのが 1年前の福岡の飲酒運転追突犯人の今林だ。

自分が酒飲んで 人の車に追突して海に突き落としたくせに 自分は逃げ出して救助もしなかったくせに つかまっていいわけはじめれば 相手が急ブレーキ踏んだだの 今度はわき見をしていただの 運転できないほど酔っ払ってないだの・・

運転できるかどうかなんて本人の判断をどこの世界が認めるというのだろう。
酒飲んだら運転できないんだ。
今林は いったい どういういいわけすれば自分の犯した罪が軽くなると思っているのだろうか。

まぁ・・刑法上じゃ軽くなるのかもしれないけどね。

でも 人間として 3人もの子供を殺して逃げた罪が軽くなるようないいわけなんかあるものか。

もう酔ってないのなら 酔ってないでいいから 正常で まともな判断をした上で 人を海に突き落としたくせに救助もせずに逃げた事の殺人罪を適用したらいいんじゃないだろうか。

冷静に 自分が海に突き落とした人間を救助もせずに 喉が渇いていたから(どうせ本当はアルコール度を下げるために) わざわざ友人に電話して 水を持ってきてもらって それをノンビリ飲んでいるようなやつは 凶悪殺人者でしょう。

しかも・・刑務所でなくなった子供たちの新聞の切抜きを 罪の意識から大事にもっていたとか証言したけど・・

それって普通なのだろうか・・・

わたしは気持ち悪いと思ってしまった。

自分が奪った子供たちの笑顔の写真など 見れないのが本当に自分の罪を自覚している人間の感情じゃないのだろうか?

連続殺人犯が 自分が殺した人間の戦利品をもってニヤニヤしている姿しか想像できなかった。
本当に心の底から気持ち悪い!!

わたしが親なら こんな人間にわが子の写真なんか持たせるどころか 見せるのだっていやだ。
自分が奪った笑顔を申し訳ないと思うのなら 自分のやったことくらい正直に認めればいいのに。
余所見運転でも 飲酒運転でも 人の車にぶつけないで 自分で勝手に欄干突き破って一人で落ちていればよかったのに。

こんな男の残りの人生のどこに 死んだ3人の子供の人生ほどの価値があるというのだろうか・・

生きてさえいれば それだけで偉いのかな。

子供たちの母親が 1年でも求刑より短かったら自分が犯人を殺します 同じ方法で・・っていっていたけど その母親の言葉の意味をもっと今林は考えるべきだ。 

福岡 マナー悪い・・(-_-;)

ずっと前から思っていたのですが・・・

福岡の自転車マナーはすっごく悪いです。

特に 無灯火(-_-;)

本当に福岡は 夜 ライトをつけずに自転車に乗っている人が多いです。
明るい街中っていうのならともかく 暗めの路地でも 道路でも 平気で無灯火で載っている人たちが多いです。

10台の自転車とすれ違って10台全部無灯火・・ということだって珍しくありません。

ライトもつけないくせに 暗い路地から 二人乗りで 車道を横切ろうとものすごいスピードで飛び出してくる人も多くて・・・

ちょっと前には 車側が ハンドルを切らなきゃいけないような飛び出しをした バカップルもいました。(-_-メ)
本人たちも驚いていたけど 無灯火+二人乗り+車道飛び出しで 勝手に車にはねられるのは自業自得ですが はねるこっちの迷惑を考えて欲しいくらい頭にきます。

なんで こんなに自転車マナー悪いんだろう・・・

そして 今日は 北九州の某ミュージアムに行ってきました。

夏休み最後の土曜日ということもあるのでしょうか。
ベビーカーを押した家族連れも 車椅子の人(大人も子供も)も多かったです。

SHOPの中の狭い通路 通路の真ん中をベビーカーを押して歩いている人・・
歩いている人同士でさえ すれ違うのがギリギリなんだから ベビーカーはSHOPの外において抱っこして子供はつれてきて欲しいです。(-_-;)
そうじゃなかったら パパ・ママいるのなら どっちかが外で子供を見ていればいいのに 夫婦そろって ベビーカーを押して通路をふさいで商品を見るのは勘弁してもらいたかったです。
(少なくてもわたしはそうしていたけどなぁ)

ひどい人は SHOP入り口の通路にベビーカーを放置して 親はどこかにいっていました。
体をひねってベビーカーの横をすりぬけばならないような状態でした。

SHOPに車椅子で入る事自体は問題はないと思うし 車椅子はその人たちの体の一部なのだから 多少狭くなっても 譲り合って通路は通ればいいと思います。

だけど・・・車椅子であることに甘えて 通路の真ん中を通り そして その位置で立ち止まるのはやめてもらいたかったです。(-_-;)
結局 その奥にはいけないから こっちはその人たちがいなくなるまで奥の商品を見る事はできないし もしくは回り込んでこなければならないことになります。
SHOPにいた人は 車椅子を押している人がいたんですが 押す人と車椅子の人が並ぶような形で通路をふさいでいたので 障害者だから・・とか 健常者だから・・と言う問題じゃなく マナー違反でした。
通路を通るときは 車椅子の後ろにサポートの人がついて ほかの人が通るスペースをあけるのは当たり前の事じゃないのでしょうか・・

車椅子もなるべく端を通ってくれれば すれ違うことくらいできるのに・・
それができないのなら 一声かけて先にいくことをすればいいと思うのですけどね。

ほかにもミュージアムの展示室でも 同じような方もいたし 横を向いたままおしゃべりをしながら車椅子をこいで歩いて 健常者のほうがよけるのが当然・・という小さな子供にぶつかりそうになってる人もいました。

何か・・勘違いしているのでは・・と思わずにはいられません。

他にも親子連れで マナーの特に悪い人を 2組ほど見てしまって・・

なんだか どっと疲れてしまいました。orz

(マナーの悪い人はどこにもいますけど)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ