最近のトラックバック

« 娯楽感覚の裁判傍聴 | トップページ | 少年法ってなんだろう? »

生きにくい

中2の少女の自殺。

いじめの原因が報道されていた。

苛められていた他の子をかばったため。

正しいことをしたわが子を失って 親は一体どういう風に子供に教えて行けばいいというのだろうか・・

自殺は別に子供だけがすることじゃない。
大人だって 自殺する。

「間違っているわけでもないあなたが 間違っている人間のために死ぬことなんてないのよ」

といくらいったって そういう大人だって自殺という手段をとる。

だけどやっぱり・・少なくても親からしてみれば 何故他人の子供のためにうちの子が死ななければいけないんだろう・・となるだろう。

先日の車で突っ込んだ鎌男じゃないが・・

もしも そこに本当にいじめがあったら そして自分の子供が心から苦しんでいるとしたら わたしだったら 車で突っ込まないにしても 相手に家には怒鳴り込むだろう。

怒りが収まらなかったら 相手の子供をぶっとばすかもしれない。

同じ思いをさせてやると思うかもしれない。

・・というか・・きっと わたしならそう思ってしまうだろう。

あの鎌男は少し精神的に被害妄想がひどくておかしかったのかもしれないが・・子供ためには 少しくらいバカになれるのが親なのは確かだろう。
(バカ親というのはそれはそれで 迷惑なものだけど・・)

普通の親なら (そこまでしなくても)我子を守るために必死になるだろう。

「他人のために自分が命を絶つなんてそんなのバカなことだ。
間違っている人間のために 自分を責める必要も 追い込む必要もないんだ」

そんな友人なら切り捨ててしまえばいい。
そんなクラブならやめてしまえばいい。
そんな学校なんか行かなくたっていい。

あなたには生きていて欲しい。
それが一番大事なことだから。

どこかで伝えられていればいい。

親だって失敗する。
子供をちゃんとみれてない時だってある。

だから 親にも伝えられる時間を作って欲しい・・一人で悩んで 決断してしまう前に 大事な言葉を言う時間を 親に与えて欲しい。

こういう事件があるたびに 強く思わずにはいられない。

« 娯楽感覚の裁判傍聴 | トップページ | 少年法ってなんだろう? »

子育て日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169092/12512912

この記事へのトラックバック一覧です: 生きにくい:

« 娯楽感覚の裁判傍聴 | トップページ | 少年法ってなんだろう? »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ