最近のトラックバック

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

娯楽感覚の裁判傍聴

「霞っ子クラブ」というのがあるらしい。

裁判に興味を持つことは悪いことじゃないと思う。
いろんな目的で傍聴に行く人も多いだろう。
純粋に事件に興味ある人も 事件にかかわっている人も ただの興味本位の人も・・

「おめかしをして午後から裁判傍聴。・・そんなうわついた傍聴人集団」

自分たちでこういっている集団が 「霞っ子クラブ」だ。汗

本当にうわついた・・バカっぽい集団だなぁ・・・というのが感想。

しかも・・TVでしっかり 事件自体には興味ないと宣言していた。

被告のルックスを見にいったり 裁判で突っ込むところを探してブログにかくのを楽しみにしている集団みたいだ・・

正直 私的には 本人たちの勝手とは言え 寒い集団だ・・ としか思えない・・

前に 被害者でも裁判の傍聴には(多い時は)抽選になるというのを聞いたことがあるが・・今はどうなっているのだろう?

例え優先されていたとしても その事件との関係が薄くなればなるほど 優先は消え 自分(もしくは自分の関係者)の被害にあっている裁判ですらクジで並んで傍聴しなければいけないだろうに

その傍聴席の中に

「裁判には興味ありませ~ん。
被告人の顔を見に来ました♪」

という(バカ)集団が座っていたら・・さぞむかつくだろうな・・

TVでやっていたのは 姉歯の裁判の傍聴では 「途中で飽きて絵をかいて遊んでいた」そうだ・・・

こういう連中は 自分が被害者になって見世物になったほうがいいんじゃないだろうかとさえ思えて来る。

なんかレベルが・・あの・・自分で放火してブログに書いていた女を思い出させる。

それでも 受けているんだろう。
書籍化するらしい。
1日のアクセス数もすごいらしい。

批判する前にそのブログを一応見ようかと思ってアクセスしたら

アクセス集中で見れなかった・・TVですごいと思ってしまった・・(-_-;)

(その後でしっかり見ましたが)

やっている本人たちがどんなレベルの人間で どんなレベルの物を書いているとしても それを読んだ人間がレベルの高い思考をしてくれれば こういう見世物パンダ的なものを必要なのかなとは思わずにはいられないが・・

やっぱり 私の中では 例え正直な話し興味がまずあるとしても 「事件自体に興味ない」と平気で言い 娯楽感覚で裁判を堂々と傍聴するような人間は やっぱり軽蔑してしまう。

ただの興味が先にたったっていい。

だけど 興味を持った事件は その内容にもしっかり興味を持って傍聴してもらいたいと思う。

読んだブログでは やっぱり事件についてはそれほど書かれていないし 事件自体に興味ないせいだろうが 裁判中どうだったこうだったという観察は書かれているが それに対してどう思ったとか 事件についてどう思っていると言うようなことは書かれていない。
(まぁ・・全部読んでないから 書いているのもあるのかな・・・疑問だが・・)
観察もどっちかといったら 人の揚げ足とったり セリフを茶化したり・・「萌え」だの「キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!! 」だの・・・わたしは 最初の方読んだだけで 読むのを断念しちゃいました。

まぁ・・移動中に暇つぶしで読んで 終わったらゴミ箱に捨てるのにはいい内容かな・・

彼女たちのブログは それを読む人にどういう影響を与えているにしても その結果 事件の世間の注目や問題点をあらわにしているとしても やっぱり その姿勢に恥を知れとしか言えない・・

でも 裁判傍聴や ワイドショーを喜んで見る人間の中には こういう人間が多くいるという事実も現実なんだろうけど。

ちなみに リーダのユキさん(31)は元無職のひきこもりで「凶悪事件が好き!傷害致死とか死体遺棄・・」なのだとか・・

(メンバーたちの会話の中から抜粋)
「一度死刑を見て見たい」
だの
(殺人事件の裁判を傍聴して)「面白かった」
だの
「無罪もレア度が高い」
だの

病んでいる寂しい女の集団にしか見えない・・。

「こんな私たちを不謹慎と思われるかもしれないが、傍聴を始めて『真っ当に生きよう』と思うようになりました」

少しもまっとうに生きてないように見えるのはわたしだけなのだろうか?
まっとうに生きるというのは この人たちには 「こういう事件を起こさない」ってことだけだろうか?

せっかく人気を集めているブログなら もう少し どうにかしたらどうだろうかと思わずにはいられない・・いい年しているんだし・・

もっとも・・ああいう記事だから面白いと思っている人間が集まっているからこそ人気も出ているのかもだが・・・

学校が荒れている

苛め問題
履修不足
教育委員会の不祥事
教師の不祥事

学校自体が 荒れている・・

履修不足の問題では 校長の自殺まで起こってしまった。

生徒の自殺 教師の自殺

死ぬだけ悩むだけの思いは 他人にははかれないし その善悪など問うべき問題ではないだろう。

けど・・・特に 履修不足による校長の死・・それだけ悩んだのはわかる。

大きな問題なのだから。

でも この時期に 死を選んでも 本人はまだいいかもしれないが 残された教師たちも 生徒たちも 家族に・・どれだけ心に傷と動揺を残すかと考えると 生きて責められるほうがずっと辛いだろうけど その辛さを責任で果たすということを身をもって生徒たちに教えてあげて欲しかったと思わずにはいられない。

履修問題はちょっとちがうかもしれないが・・学校が荒れている。

恥さらしな福岡教育委員会は また 委員がナイフをもって暴力を振るうという行為を行ったし・・

夜中にスケートボードで騒げば迷惑だと思うのは仕方ないし
まぁ・・たぶん 40近いおじさんにしたらナイフでも持たないと怖くて注意の1つもできないのかもしれないけど・・

教育という現場に立会い しかも (何の意味があるのかしらないが)委員という立場の人間が 「注意するのに怖いからナイフ持ちました」 「うるさくて頭に来たので暴力振るいました」じゃ どうしようもないと思うのだが・・

そういう人間にならないように教育していくのが 本来の姿なのではないだろうか・・

もっとも それで今回怪我をした子供の方にも同情する気はまったくないが。

夜中に騒ぐなど他人に迷惑をかければ こういう危ない人間もいて 怖い目にあうんだと学習すればいいとしか思わないけどね。

だけど(BlogPet)

みなは、長野で悪いのは いい年したかったの♪
みよが、いっしょを教育したかったの♪
みよは、長野で悪いのは 学校の友達と部屋で遊んでいることが多いけど・・
だけど 小学生を親の知らないところで連れまわし しかも外泊までさせ そのわからない・・
という状態はよくないだろうな


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「みよ」が書きました。

また苛め?

・・というのとは なんだかちょっと違うような・・?

登校中の小学生の列に鉈と拳銃をもった男が わざと車で突っ込み 小学生2名が怪我、とめにはいった通行人も怪我をするという事件が起こった。

原因はまだ不明だけど 犯人のいうことには「自分の子供が苛めにあったから」とか・・・

実際 子供は転校しているようだが・・・

もともと近所ではトラブルメーカーとして有名だというこの男、しかも実弾入りの拳銃まで持っているなんて・・一体どういう人間なんだろう・・・

自分の子供がいじめを受けていたら 普通の親ならそりゃ冷静さも失って激怒することもあるだろうが・・・・・

ただ・・もしも いじめがあったとしたら・・親が原因だったのでは・・と思わずにはいられない事件の気がする・・

小さい願い

いやな事件が続く中 ちょっと心が温まる判決が出た。

東京都東大和市の青木鈴花ちゃん。

幼稚園の入園をめぐっての裁判だ。

喉に障害(喉頭(こうとう)軟化症)を持つ鈴花ちゃんは 1~3時間ごとにタンや唾液を吸引する必要がある。
その作業ができないということで市側が入園を拒否していた問題だ。

「仮入園を認めるように」という判決で 鈴花ちゃんはうれしそうに「幼稚園と小学校に行きたいです」と話していた。

受け入れる側は確かに大変だろう。
何か作業中に事故があったら・・そう思ったら怖くて簡単に引き受けられますとは言えないだろう。

だけど この小さな女の子(他にだって拒否されている傷害をもった子供はいるだろう)の普通ならごく当たり前の「学校(幼稚園)に行きたい」という願いくらい叶えてあげたい あげればいいだろう・・と思う気持ちは当然ではないだろうか。

受け入れる学校側は大変だろう。

だけど やっぱり 受け入れるべきであり その判決が出たのは嬉しい。

最悪? そのための人員を入れることになっても 今後に続く子供たちの教育のことを考えれば必要なことだと思う。

そのための費用は 仕事しない公務員に使われる税金を回せばいいだろう。
よっぽど有意義だと思う。

子供を守ること

長野の小学生行方不明の事件が解決した。

無事に帰ってきたことは本当によかったと思う。

この事件が発表されたとき 夫と二人で

「この子って携帯もっていたみたいだから・・携帯の出会い系みたいなサイトで知り合った人と・・じゃないの?」

という話をしていた。

インターネットで知り合った男と・・みたいだが・・・

うちの娘にはまだパソコンは与えてないが・・携帯は既にもっている。

こういう事件が起こると心配になる。

安心のためにもたせている携帯で心配になるというのも変な話しだが・・

そもそも・・・いっしょに遊びに行く友達もはっきりわかってないのに行くのを許すというのも そのわからない友達のところにとまると言う子供を止めない親の判断もわからない・・・

そりゃ 電話切られてしまえばそのままだが だからこそもう少し気をつけるべきだっただろうに・・

一番悪いのは いい年して小学生の子供を連れまわす31男だし それについていく子供なんだろうが。

ネットで知り合う人間がみな悪いとは思わない。
年齢が違ってもいい友人にもなるだろう。

だけど 小学生を親の知らないところで連れまわし しかも外泊までさせ その際に携帯の電源を切らせるような31男が 「いい友人」になるとは思えない。

まぁ・・親はまずこのバカな子供をしっかり叱り こういうバカなことをする子供に育てた自分の教育を見直すべきなのだろう。

うちも子供と話さないと・・・
うちの場合は 学校の友達と部屋で遊んでいることが多いけど・・
だけど 部屋を与えていてそこにこもっているから何をしている川からないと言えばわからない。(まぁ・・ゲームしているんだけど)

どこまで子供に任せて どこまで親が介入すればいいのか・・

難しいところだけど 子供が何をしているかわからない・・という状態はよくないだろうな。

楽して給料をもらう方法

今は子供も知っている・・

公務員になることだな。

実際に今回の奈良のことも氷山の一角で 実際その後もいくつか出ているみたいだし 私の知っている某教師のことだってまだ表に出ていないことだ。

まぁ・・本人が既に辞めてしまっているからそこは不問にされちゃうんだろうけど 既に5年くらい前からこういうことやっている人間がいたんだし 全部を暴いたらどんなに多くが出てくるかわかったもんじゃないだろう。

どんな病気でも 働いてないのなら給料をもらうべきじゃないし それで困るなら保護を申請するべきだろう。

「好きで病気になっているわけじゃないんだ。治療費がなければどうすればいいんだ」

と本当に病気の公務員は言いそうだけどね・・・

民間はそうしているんだ。
なんで 公務員だけ特別扱いされなきゃいけないんだ。

それで困る制度なら 公務員じゃなく 国民全体で制度を変えればいい。

病気だろうが 事故だろうが さぼりだろうが 仕事しない公務員に給料など払う必要があるだろうか。

TVでいいことを言っていた。

「税金は取り立てるときは 相手の事情も関係なく遠慮なく取り立てるのに 使うときは無頓着だ」

本当にその通りだ。
公務員の給料だけじゃなく 税金の使い方は本当にいい加減すぎる。

こうなってくると なんで税金納めないといけないんだろうなぁ・・・

こっちは汗水流してためたお金なのに 一部の人間の道楽のために徴収されなければいけない道理がわからなくなってくる。

本当に心のそこから思う。
公務員っていいねー。もっと親の言うこと聞いていればよかった。
(わたしは公務員嫌いだったからなりたくなかったけど親が薦めていた)

今回の話題はもう1つ。

教師のいじめ。

福岡の自殺事件から教師の苛めの問題が表面化してきたみたいだ。

新聞には鹿児島の教師の苛めのことが書かれていた。

出席の時に名前を呼ばない。
体育祭の時のハチマキを渡さない。
プリントを配らない。

・・・・子供だろうか?

教師だって人間なんだから 苦手なタイプも 嫌いなタイプもいるだろう。

だからといって 教師と生徒と言う力関係のある状態で それをだすだろうか。
しかも・・・仕事(生徒にとっても教師にとっても)にかかわる分野に影響をだすような行為をするのは 「だれだって苦手なタイプはいる」というレベルの問題ではないだろう。

子供同士の苛めも問題になっているが 本来それを収める努力をしなければならない教師(大人)がいじめをしていたら そりゃなおせるわけはないだろう。

「わたしはしていない!」

と言っても そういうことをする教師のいる学校なら 一体どの生徒が自分の行為を反省するというのだろうか。

犯罪の多い現代・・

親は 日常生活中で子供を守り 学校生活でも子供を守り・・

家でも虐待を受ける子供もいる・・・そういう子供は 家でも自分の身を守らなければならない・・

「こうしなければいけない」 という言葉だけで治るほど 社会のゆがみは甘くない。

法的にもっと厳しい処罰 規制を設けなければ何も変わらないだろう。

いきなり(BlogPet)

かすみゅんは、みよが、ネットで年齢を虐待しなかったとしても・・
いきなり 違ってましたよ・・
と連絡を受けている(今回の原告のような行為は・・・)
どうなっていればいるほどの年になっていれば 黙ってはいられないといっていけるのだろうか・・


本当に親を知りたいという思いは悪くはない年月を白黒しないだろう男性や悪くはない人は他人です
この子が あなただから愛したんじゃなく あなたたちの本当の子供だから愛したんじゃなく あなたたちの本当の親にはたぶん・・・
娘のDNA鑑定を受けるだろう


どちらにしろ・・
切ないことだ親子の損害賠償するかは決めるかもしれない
だか 貴重な10年しかいっしょに話し合った結果 このまま継続している・・
と連絡を受けたら・・・


わたしの娘たちは 1
と、かすみゅんは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「みよ」が書きました。

なるなら公務員だな

奈良市職員が 5年間で8日しか出勤していないのにほとんど全額の給料をもらっている事実・・・・

でも 実際 こういうのはすごく多い。

反対に言えば なんでこれだけ今頃話題になったんだろう?という感じだ。

わたしのブログでも既に取り上げているが・・わたしの知り合いの教師がそれこそ5年くらいかなぁ・・ほとんど出勤しないで 病欠扱いで旅行行ったり 資格取りに行ったりしてたからねぇ・・

本当に病気だとしても 仕事してないのならとっとと退職して 仕事できないのならそれなりの保護でも受ければいいんだと思う。

このまま出勤しないで無事に定年など迎えられようものなら 今度は恩給だって受け取るんだし 公務員の恩給制度自体どうかと思っているうえに 働いてもない人間になんで恩給まで支払わないといけないんだ という思いでいっぱいだ。

本当に公務員って楽でいい。

こんなに仕事もしない できない 犯罪犯しても 軽い処分だけですむ職場なんて 他にない。

うちも是非娘たちを公務員にしたいものだ。

今回は奈良市が槍玉にあがっているが たぶんどこの県や市も似たようなものだろう。

実際 上の教師は大分市の教師だったしね。(もう教職は辞めていると思うけど・・それも これ以上休んでも給料もらえなくなるからぎりぎりまでもらってやめただけ・・ということを本人から聞いた覚えがある)

奈良市はともかく・・福岡は飲酒運転事故で恥をさらしたが 今度は自殺問題で学校が恥をさらしている。

苛め問題は どんなに教師や学校ががんばっても 簡単に解決できる問題じゃないだろうが だから苛め自体をどうこう学校に全責任を押し付けるのはどうかとは思うが だが 自分たちのやったこと やらなかったことを教師が隠蔽していてどうするんだろう。

また 生徒いじめをする教師のまた多いこと・・・

そして それを指導できない校長・教育委員会の情けないこと・・

教師のいじめを訴えた母親に 福岡の教育委員会は

「われわれは校長を指導できても 教師は指導できない」

と言い放ったとか・・・

意味のない教育委員会なら いらないんじゃないだろうか。
そもそも 今の教育委員の中身なんて 実を伴ってないやつらばかりなのだし・・

それに 校長を指導できるのならそれでもいいじゃないか。

教師を指導できない校長を指導し 問題の教師を指導すればいいだけじゃないか。

TVで話題になっていたのは福岡市の体育教師・・だったかな・・
点呼をとるときにその生徒だけわざと飛ばして名前呼んだり
(小学生レベル)
体育の評価を1につけたり
体操服を忘れるとスクワット100~200回とかさせるらしい。
(もっとも わたしの時代でも忘れ物すると校庭走らせるとか軍隊のような罰を与える教師いたけどね)

わたしだったら 直接その体育教師に怒鳴り込みに行くだろうな・・

こっちからみたら 別に先生さまでもなんでもない。
教師と職業についているただの公務員だし 税金で給料もらっているくせに仕事をちゃんとしないのなら こっちだって礼儀を立ててやる気もない。
自分がやるだろうってことを考えたら・・恐ろしい限りだが・・

教師(学校)と親が対立しないといけないなんて・・情けないことだ・・

教師に期待すること

福岡県の中2自殺の問題・・

いじめの発端は担任教師だった?

親は教師に一体どこまで(問題解決の)期待をしていいのだろうか?

教師に相談した親が悪いとは思わない。
親にして見れば 一応あちらは教育のプロなのだし 何かいい解決策を出してくれるかもしれない・・と思ってしまうだろう。

わたしは教育学部にはいってないので そこの講座プログラムは知らないが・・別に教育学部じゃなくても教員免許はとれる。
(わたしは教師に興味なかったからとらなかったが 他の友人はとったし)

わたしの大学選考は史学専門だ。

歴史の勉強なら教えられるが・・心理学をやったわけでも 教育学をやったわけではないので 教師になっても子供の(勉強以外の)教育のプロじゃない。

そして そういう教師は少なくないのだ。

実際 自分が学生として教師と接していたときのことを思い出して見れば 一体どれだけ尊敬できる教師がいただろうか・・・・

教師自体大人になりきれていない人間だっていっぱいいた。

いい先生だっていたけど・・

自分が相談しようとしている教師が それに値するのか・・その対処をできるのか・・それを見極めるのは難しい・・・

ましてや今回のように教師がいじめを率先していたらね。
(そしてその教師には いじめをする子が自覚がないように 自分のそれがいじめだと言う自覚すらないのだろう)

今回の教師の対応・いじめの問題は学校側を弁護してやるものは何1つないとは思う。

ただ・・母親の相談内容・・「子供がネットをするために学校をさぼって早退してきた」・・という問題は・・もっと 家庭内で解決する問題だったのではないかと思う。

教師に食って掛かったように 父親も母親ももっと 我子に強く指導するべきだったのだと思う。

学校内で解決しなければならない問題なら 教師に言うしかないが・・

自分の子供が学校をさぼる・・という問題は 母親が教師を頼る前に 父親を頼り そしてその父親が教師以上の指導力をもてる家庭というのが必要なのじゃないだろうか・・

勉強のプロに (子供の人格の)教育のプロを求めても・・その教師自体のレベルだって怪しいほうが多いんだから・・・

そして バカな学校・教師から子供を守ってやれるのは親しかないのに・・でも子供たちは 恥ずかしいのか・・親に心配かけたくないのか・・親に言わずに内に秘めてしまう子が多い・・

実際・・わたしが子供の時だって自分の問題は親より 友人のほうに相談しやすかった・・

それを思うと 親に言えない子供を責めることもできないが

今回の子は その友達といっしょに遺書を書いていたというのに・・止めてもくれない友人とは一体なんだったのだろう・・
(しかも その遺書・・新聞に載っていたが・・ああいう文章を書く今の子供と言うのは・・何が狂っているのだろうか)

みよが(BlogPet)

事実がわかったとか認められない
怒りとアメリカとか認められない怒り?


結局 昨日 死亡は4人と書いたとかを逆恨みしたかった
みよが、犯人や大きい地獄などを調査しなかったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「みよ」が書きました。

取り違え

40数年前 産科で取り違えられた親子の損害賠償の判決が出た。

原告勝訴。

この裁判自体は わたしにはわからないから・・

原告の男性は これからも本当の親探しが残っている・・といっていた。

そりゃ 本当の親にはあいたいだろう・・・

もしも わたしがその親だったら・・・

わたしには子供がいる。

もしもその娘たちの生まれた産婦人科で 同じ時に子供のとり違いがありましたよ・・と連絡を受けたら・・どうだろう・・・・

わたしはたぶん・・・娘のDNA鑑定をしないだろう・・・

わたしの娘たちは 10歳と8歳(もうすぐ9歳)だ。

わずが10年しかいっしょにいない。
だか 貴重な10年だ。

もしも 本当に親子じゃなかったとしても・・いきなり 違ってましたよといわれ 明日からは他人です。
この子が あなたたちの本当の子供ですよ・・と知らない子を連れてこられたら・・・どうなってしまうのだろう。

明日から 本当の子供を愛していけるのだろうか。
今まで娘たちと築いてきたような親子関係を 本当の子供と続けていけるのだろうか・・

そして・・もし 双方で話し合った結果 このまま継続していきましょうとなったときに 実の子供じゃないとわかった娘と今までどおりの関係を維持していけるのだろうか・・

そう考えると わたしからは鑑定は申し出ないだろう。

もしも その親探しをしている子が ひどい虐待を受けているとか・・その家で愛されていないとか・・そうなれば 黙ってはいられないかもしれないが・・

子供がもっと自分で判断できる年になっていたら 話し合ってどうするかは決めるかもしれない。

もしも親子じゃなかったらどうするか・・そこまで いっしょに話し合ってその覚悟をもって鑑定を受けるだろう。

だけど・・・子供が判断できるほどの年になっていればいるほど・・今までの年月を悔やむようなことにしたくないだけに・・自分たちが注いだ愛情を嘘にしたくないから 自分の子供だから愛したんじゃなく あなただから愛しているんだと言えるように・・今更 白黒つけたいとは思わないだろう。

それとも 子供も独立している(今回の原告のような)年齢になっていれば 育てた子供とも 本当の子供ともいい関係を築いてけるのだろうか・・

その上で 本当の親子関係がわかったとただ純粋に喜ぶだけの状況になれるのだろうか・・・

とり違いをした病院の責任は問われないといけないと思う。

だけど・・親を探すことにより その親が今まで築いてきた親子関係を崩すかもしれないような行為は・・・どうなのだろうか・・

本当に親を知りたいという思いは悪くはない。

親の方も 同じ思いなら心当たりのある人は進んで鑑定を受けるだろうし そうじゃない人は鑑定を拒むだろう。

どちらにしろ・・切ないことだと思う。

代理母って・・

代理母問題と言うのはたまに聞くことがある。

それは主に 依頼した母(卵子提供)と代理母(子宮を提供)の間で子供をめぐっての争いについてだけど・・・

向井あきさんが今起こしている裁判は 代理母で出産した子供の出生届けの問題だった。

代理母がいいか悪いか・・それは 私にはわからない。

正直に言えば・・(生まれた後に揉め事が起こって子供が巻き込まれる悲劇とか思うと)そこまでして子供を求めなくても・・と思わずにはいられないけど たぶん「子供が欲しいのにできない」女性の苦しみは 子供をもっている人間には多分・・本当には理解できないと思う。

代理母がいけないのだとしたら じゃあ 精子提供で子供を作ることはどうなのだろうか・・わたしは 正直こっちもすごく問題だと思うのだけど・・。

人工授精はどこまで許されるのだろうか・・・

いろいろ考えてしまう。

ただ 生まれてしまっている子供に対して・・今の向井あきさんの問題は どうなのかと思ってしまう。

せっかく 代理母も依頼母も 子供は依頼母のものでその子を自分の子供として迎えるといっているのに 国が「違います だから親子とは認めません」というのは・・法律がどうあれ・・その子のことをどう思っているのだろう・・と思ってしまう。

法律は 国は 子供そのものをちゃんと見ているのだろうか。

子供はものじゃない。

法律がどうあれ 今いる子供にとって一番いい判断をくだして欲しい・・

そしてこういう問題が起こっている以上 法律の見直し(ダメならダメで絶対にできない方向にもっと決めていけばいいんだし)をしてもらいたい。

問題が起こっているのに 時代にあった法改正もしないまま 昔の医学レベル・判断レベルで設定された法律で裁こうとするからこういう問題が起こっているのだ。
起こってもなお その法律を使っていこうとしていて・・その法律を認めない人間が出てきても当然だろう。

そして 今回 日本がどうしても認めないのなら・・正直 向井夫婦も 自分が起こした責任があるんだし・・自分たちが日本国籍を捨てても子供と本当の家族になれる手段をとるべきだと思う。

最初から厳しいとわかっていることに挑戦する以上 だめだったリスクは自分たちで負うべきだ。
それに子供を巻き込むのなら・・最初から生むべきじゃなかったんだと思う。

いつまでも・・子供を中途半端なままおかないでもらいたい。

国が 法律が・・という以前に 親子が親子となっていないという事実に子供が理解するようになれば それが子供が傷つくことになるんじゃないかとおもう・・

ただ・・夫婦が・・女性が  子供を欲しいと願う気持ちは いいとか悪いとかいう問題じゃなく 理解できる。

それがたとえ 「悪い」と言われても 欲しいと思う気持ちをとめられない切なさも・・わからないわけじゃないから・・辛い問題だと思う。

みよは男みたいな使用する(BlogPet)

みよは男みたいな使用する?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「みよ」が書きました。

議員っていいなぁ~

うちはごく一般的な家に住んでいる。

もちろん 会社の負担もあるけどちゃ~~んと自分で払っている。

議員宿舎が老朽化で建て直ししているらしい。

赤坂の一等地に80平方メール以上の部屋(3LDK)、最上階ラウンジもあれば、トレーニングルームまで完備している。
一般家賃で換算すると 50万くらいらしい。

議員はこれを たった6~7万前後で借りれるらしい。
(マスコミ批判が高まったから10万くらいにあがるかもらしい)

うわぁ~~・・・いいねぇ・・国民には税金を上げ 苦しさに耐え経済の建て直しに向かえといっておきながら 議員様は極楽生活ですね。

なんで 自分でちゃんとお金払って家賃くらい出さないの?

あんたたちが払わない分の負担はぜ~~~んぶ税金から出ているのだ。

しかも その立て替えの代わりに借りている一般マンションが32億円
議員がちゃんと家賃として払っている金額 3億円
差額の29億円は税金

しかも 既存の宿舎には空き部屋もあるのに わざわざ別に借りている。

しかも その借りている仮部屋にも空きがあって 空き部屋にも家賃を払っている。

税金で!!

すごいね~~~ 議員!

しかも インタビューに答えた えとうと言う議員は「選挙で選ばれたんだから当然でしょう」といっていた。

それくらいしないと議員はやってられないんだって。

宿舎建設の事務局担当者も 「あれは 国民のみなさんに理解してもらっていると思っている」と笑いながらいっていた。

理解してないことをちゃんと伝えないとだめでしょう。

あの豪華マンションは国民のために働く議員が生活するのに必要だと言うらしい。

議員の給料を出してやっている国民が 自分の給料内でお金を払い・・またはその家賃との折り合いの結果 長い通勤時間をかけて通っている中 議事堂に近い場所・そこが官庁が管理している土地なのだから何を創ってもいいだろうという発想・・・

いいご身分だ 議員。

衆議院 The House of Representatives
郵便番号 100-0014
東京都千代田区永田町一丁目7番1号
電話番号 (代表)03-3581-5111
kujo@shugiinjk.go.jp

アメリカの事件その後

アメリカのアーミッシュの村での殺人事件・・

その後の調査で 犯人が20年前に子供に性的イタズラをしていたという事実がわかったとか・・

「神に怒りを感じている」
「20年前の恨みをはらす」

この犯人は・・・・いったい何を言っていたんだろう?

20年前に自分が犯した犯罪への逆恨み?

小さな子供へのゆがんだ欲望が認められない怒り?

結局 昨日 死亡は4人と書いたが・・(現在のところ)5人の死亡らしい・・

本当にこの世に神がいるのなら こんなやつは地獄に落として欲しい。

どこまで任せられるか

小学生の女の子が7通の遺書を残して自殺した事件・・

親にしてみたら どんなに辛いだろう。

正直 学校という社会は親が入れない世界だ。

下手したら 教師だって生徒たちの中では蚊帳の外かもしれない世界だ。

だが・・親は 学校・教師に子供を預けるしかない。

夫とはよく話す。

子供がもしも 学校で苛められたら・・学校に行きたくないほど辛いことがあったら・・

いざとなったら 学校変わればいい。

そこまで学校に その学校にしがみつく必要はない。

学校より 勉強より 何より子供が大事なんだから・・そう話している。

どの親だってそうだと思う。
(その転校するという判断がどこで実行されるかは違いはあるだろうが)

だけど こういう苛め問題が出ていつも思うことは

子供は自分の中だけでいじめを抱え込んでしまうと言うことだ。

親しい友達にはその辛さは話しているのかもしれない。

だが 学校と言う子供だけの特殊社会の中では 親には見えない物なのだ。

子供が親に直接言ってくれなければ 見落としてしまうことだって多いはずだ。

じゃあ 子供が親に言わなかったら・・
親に心配かけたくない・苛められているなんて知られたくない・・そう思っていたら 親はどこから 子供を守ってやればいいんだろう。

「得意だったこと 趣味はなんですか?」
「気になったことはなんですか?」
「伝えたいことはありますか?」

女児の自殺を受けて 教育委員会が原因を調べる調査ということで子供たちに出したアンケートだそうだ・・・・

どうして核心をついた質問をしないのだろう。
やんわりと 遠まわしにした質問から子供の本音を引き出そうとしているとも言えるが・・・結果 この質問から 「苛めの実態はつかめない」という結果して出ていない。

こんな学校・教育委員会に 子供を任せなければならない不安は高まるあだけだ。

また納得できない事件

アメリカでまたわけのわからないことで子供が犠牲になる事件が起こった。

電気を使用しない・・昔ながらの生活をしているアーミッシュたちの住む村で 牛乳配達員の男が 学校に押し入り女児4人を射殺したのだ。
(他に重体?の子供が7人いるらしい)

女の子ばかり狙ったと言う卑劣な事件。

「20年前の恨みをはらすため・・・」

そう男は語ったそうだ。

明らかに20年前生まれてない子供たちはいい八つ当たりをされたのだ。

縛った子供たちを黒板の前に立たせ 至近距離から撃って殺して言ったらしい。

男はその後自殺したが・・・楽な死に方をしたものだ・・

自分勝手でバカな男。

八つ当たりされた子供のことを何も考えてない。

残された自分の家族のことも何も考えてない。

こんな男に生きて行く価値等見出さないが こんな楽な死に方を許すことだってできやしない。

20年前に何があったのかまだわからないが その20年前に一人で死んでおけばよかったのに。

どんな悲劇が20年前にこの男に起こったのか・・それが どんなに同情すべきことであったとしても 今回のような事件を起こした男に同情する気はまったくない

つまらない男のために 未来を奪われた子供の冥福をただ祈るだけだ。

遊園地の安全性

韓国の遊園地で安全装置がはずれ 30mの高さから小学生二人が落ちて重傷・重体の事故が起こっている。

一人の子は 怪我はひどそうだがインタビューにも答えていたから大丈夫だろうが・・・意識不明の子が心配だ・・。

わたしも昔はよく絶叫マシーンが好きで乗っていたが・・こういう事件があると心配になる。
今回は外国の話だ・・と言っても 日本でもすごくたまに・・だけど絶叫マシーンの事故があって人が死んだり・怪我をしたりしている。

どんどん遊園地の遊具が過激になって それはそれで面白いんだけど 不安もますます大きくなる。

遊園地側も安全対策はしっかりしているつもりなんだろうけど・・

今回の人のミスっぽいけど 慣れてきたときに事件・事故は起こりやすいし 

日本でもわき見運転で重体になっていた子供たちが死んでしまっている・・

韓国の事故の重体の子は助かって欲しい。

きのう(BlogPet)

きのうかすみゅんで、適用したよ♪
ここまで千万判決したいです。
ここでかすみゅんで犯人は反省する?
ここまで代償しなかった。
きのう、かすみゅんは時効も適用♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「みよ」が書きました。

富山県警

あ~・・・・富山県警・・・

自分の身内の警官が 飲酒運転していたのに それをばれた時点でも公表しない警察ですね・・・

なにかを調査中なので 公表できないそうです。

何を調べているのでしょうか?

いいわけできないか 逃げ道調査中なのでしょうか?

警察官もいっぱいいるんだし 中にはこんなバカな警官もいるでしょう。

そんな警官を 警官と雇い 昇進までさせているのは 確かに警察署自体のミスでしょうが そこをそこまで責めません。

だから こういう不祥事がわかった時点で 素直に自分たちのミスを謝罪し 速やかに公表するべきでしょう。

今 公務員の飲酒運転が叩かれていますが 一般や公務員(警官以外)のときは公表して 警官は特別だから公表しなくてもいいですよ なんて世間は思っていません。

飲酒運転の罪の重さ自体には 一般も公務員もありません。

公務員がなぜここまで(一般以上に)叩かれるかと言えば その立場上ということも大きいのです。

そういう意味で言えば 警察という立場で犯罪を犯すと言うことは一般公務員以上に叩かれて当然なのです。

警察官の身内びいきは富山県警だけじゃないでしょうけどね。

わたしもよく 「スピード違反したら ○○の名前(警察のお偉いさん)の名前だしたら見逃してもらえるんだよ~」とバカな自慢をしている警察の親戚だか友人だかの話を聞いたことあるしね。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ